山形の山歩き

アクセスカウンタ

zoom RSS 摩耶山(倉沢口  御宝前コース〜中道コース) 2014.08.31

<<   作成日時 : 2014/09/01 20:23   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

山頂にて
画像
 庄内の摩耶山には今まで4回登った。その内3回は西側の越沢からのコースで、東側の倉沢からは1度だけだ。1984.8.26に摩耶沢の沢登りでソリクラコースに合流し、山頂を経由して中道コースを下山したもので、それ以来30年ぶりになる。
 山形を出て、山形北ICから月山ICまで高速を使い、月山道を経て下名川で左折して大鳥池に向かう道に入る。倉沢集落の摩耶山への案内板があり右折
画像
林道を登山口まで入る。
画像
登山口には10台くらいは駐車できそうだ。コンビニで買ってきた朝食を食べてから出発。
 登山口から沢の上流に向かう登山道に入り、なだらかに山腹を登るとブナの木がある「御払所」から尾根になる。
画像
登りは急になり、一の坂、二の坂、三の坂があるらしいが、標識は、一の休・二の休となっている。一の休
画像
二の休
画像
急になりロープが出てきた
画像
三の休にはコースの略図が表示してあり、山頂部が見える。
画像
画像
急坂になり、ロープやハシゴが続く。
画像
慶月坂
画像
足元を撮ってみた
画像
御宝前コースと中道コースの分岐に出る。
画像

 分岐からすぐにハシゴを下る
画像
さらに足場の悪い下りで摩耶沢に出る。下りて来た時に下らないようにテープが渡してある。
画像
ここから少しの区間、沢登りだ。濡れた岩は滑りやすく注意を要する。
画像
さらに急坂の登りになり、岩が積み重なった「御蔵神洞」にでる。
画像
ハシゴの下が固定されていなくて不安定な登り
画像
岩場のトラバースが高度感があり緊張する
画像
画像
「結神」
画像
ソリクラコースの合流点に着く。御宝前分岐には、山頂まで90分と書いてあったが、ここまですでに90分かかっているのに、さらに山頂まで60分と表示されている。
画像
中道コースからソリクラコースに至る道が見える
画像
なおも急坂が続き「ブナ休場」で一息つける。
画像
槍ヶ峰・鉾ヶ峰が見える
画像
ロープに頼っての登りが続き、地図の道よりかなり上部でソリクラの岩壁のトラバースになる。トラバースを終えるとまたロープに頼っての登りでようやく山頂の稜線に出て、越沢からの道を合わせて間もなく山頂に着く。
画像
鳥海、月山は雲にかくれて残念。昼食をとっていたら一人が登って来た。自分と同じコースということだ。写真を取りあう。南に鉾ヶ峰・槍ヶ峰が見えるが、山頂に標識では、中の峰・奥摩耶山となっていた。
 頂上のすぐ南の「倉沢下山口」標識から東に下る。
画像
間もなく「鉾ヶ峰」との鞍部だ。鉾ヶ峰にも踏み跡があり、登りたいと思ったが、天気が下り坂のようなので諦めて下る。ここで山頂で会った方に追い越された。崩れやすい小沢をロープに頼って下る。下ってきた沢
画像
山腹へのトラバースを経て登りになり、尾根に出る。登りで直進しないようにテープが付いている
画像
少し先の尾根筋に「賀須伊峰」の標識がある
画像
賀須伊峰付近からソリクラの岩壁を見る
画像
その先で左に下るようだが、直進する切り開きがあるので少し登る。山頂部が見えるだけで行き止まりだ。戻ってロープをつかんでの下りを経てまた尾根に戻ると前方に岩場があり、「掛図岩」だ。
画像
岩を越えて左の山腹に下りまた尾根に戻る。雨が降り出して来た。最初は気にしないで歩いていたが、だんだん強い雨になりソリクラコースの分岐で雨具をつける。
画像
雨にかすんでいるが、北側の岩壁に登ったコースが見える。中央部の少し下にハシゴが見える
画像
雨はだんだん激しくなり、雷も鳴りだした。樹林帯に入ったので大丈夫だろうと下り続け、御宝前コース分岐で登りのコースに合流する。
画像
慶月坂、三の休、二の休、一の休と急いで下り続け、登山口に戻る。
 雨具のズボンを履かなかったのでパンツまで濡れてしまっていた。全て着替えてから車を出す。倉沢集落から県道を進むころには雨はあがった。R113の道の駅月山で休憩し、残った昼食を食べる。月山道を経て、道の駅にしかわの水沢温泉館で入浴して帰宅する。
 登り、下りともコースは整備されていて迷う心配はないが、ロープやハシゴに頼る急坂や岩場のトラバースなどがあり難路といえる。
GPSトラック 沿面距離5.8Km 累積標高差±970m
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
摩耶山の裏コース、驚きました!
家内の実家が村上市なので、摩耶山に越沢から登って見たいと思います。

わたしの天気予報(fumikai)
2015/01/07 14:12

コメントする help

ニックネーム
本 文
摩耶山(倉沢口  御宝前コース〜中道コース) 2014.08.31 山形の山歩き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる