山形の山歩き

アクセスカウンタ

zoom RSS 虎毛山 湿原の高山植物の花期は終わっていた 2016.07.02

<<   作成日時 : 2016/07/03 15:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

登った山・・虎毛山1432.7m (2回目)
メンバー・・登山講座OB13名 山頂にて
画像

赤倉沢林道駐車場7:57→赤倉沢渡渉点8:39〜47→ヒノキ林9:15〜22→1040m付近9:51〜10:04→高松岳への分岐10:29〜42→虎毛山11:32(昼食・山頂湿原散策)12:21→高松岳分岐12:57〜13:07→夫婦桧13:28〜35→渡渉点14:09〜17→駐車場14:57
GPSトラック(今回は青線、クリックして拡大) 沿面距離12.9Km 所要時間7:00 累積標高差+1151m −1131m
画像


登山講座OB会の今年度第6回目は6月25日(土)に虎毛山に計画した。しかし、25、26の土日は梅雨の悪天候が予想されていたので、1週間延期して7月2日に実施と変更した。期日変更により、都合がつかなくなった方が1名いたが、逆に行けるようになった方もいて13名の参加だ。自分は、2013年6月8日に登ったが、残雪が多く、山頂部の高山植物は芽生えてもいなかった。今回はどうかと期待する。
鳴子峡レストハウスでトイレ休憩をして、鳴子温泉に向かう。温泉街に入る前の所から、R108の花淵山バイパスができていて、カーナビにもない道を通って、鬼首から県境のトンネルを抜けると、少し先に虎毛山入口の案内板があり、左の林道に入る。舗装された林道を進むと虎毛山登山口の標識と案内板がある。ここにも駐車場があり、通行止めの表示もあるのだが、さらに舗装のない林道を進む。路肩が崩落していてやっと通れるようなところもあるが、完全に通行止めの所に2台駐車していた。我々の4台で満車状態だ
画像
出発して林道を進む。10分ちょっとで「トラの滴」の湧水があるので、飲んだりペットボトルに補充したりする
画像
画像
さらに古い林道が続き、前来た時に雪で道から沢まで埋まっていたところは、沢の流れのそばを通る。(帰路に撮影)
画像
また古い林道を通って渡渉点に出る。渡渉点の昔の橋は流されたようだが、細い橋が付けられている
画像
大きな案内図の所で休憩
画像
ここからいよいよ急登になる。トラロープがつけられた箇所や、木の階段がある
画像
適度にジグザグの付けられた急登を登り、なだらかになると桧の倒木が多数あり、「ヒノキ林」の標識がある。2回目の休憩
画像
すぐ先で「倒木のオブジェ」を過ぎ、さらに登ると2本のヒノキが合体している「夫婦桧」だ
画像
夫婦桧で休めばよかったが、時間が早いのでさらに進んだら遅れる方がいて、1040m付近で休憩にする。この辺からまた急登になり、「ブナ林」の標識を過ぎ、高松岳分岐まで急登が続く。分岐に出て休憩
画像
分岐に着く前から雨が降り出したので雨具着用する。左が切れ落ちている尾根を進み、少し下ってから最後の登りになる。先頭を歩くため、登山道の両側から被さるヤブでズボンが濡れてしまい、雨具のズボンをはかなかったことを後悔する。急登から緩やかになると木道が出てきて、ガスの中に小屋が見えてきた
画像
2012年に新築された避難小屋に着く
画像
小屋に入って昼食休憩。その後、山頂湿原の散策に行く
画像
画像
今年は雪が少なかったためか湿原の植物の花は終わり、数輪咲き残っている程度だ
チングルマ
画像
トキソウ
画像
ミヤマシオガマ
画像
ガスで周囲の展望はなく、木道末端まで行って戻る。
山頂標識で記念写真を撮り下山にする。高松岳らしい山が前方に見えたが、雲がかかり良くわからない
画像
サラサドウタン
画像
どんどん下って、高松岳分岐で休憩。幸い雨は止んだので雨具を外す。急な下りになり、夫婦桧の所で休憩。「倒木のオブジェ」付近
画像
渡渉点まで下り休憩。あとは駐車地まで戻る。
帰路の途中で、中山平温泉の「しんとろの湯」で入浴。源泉かけ流しでpH9.3のアルカリ性泉で肌がすべすべになる温泉だった。

追記・・国土地理院の「基準点成果等閲覧サービス」で三角点名を調べたら面白いことに気付いた。
虎毛山の三角点は、1432.74mの二等三角点で点名は「須金岳」なのでした。
高松岳への分岐から北に行った所に、1176.92mの三等三角点があり、この点名が「虎毛山」なのです。
須金岳という山名は、虎毛山から東南東の宮城と秋田の県境にある1253mの山(三角点なし)に付けられている。
三角点名と山名が錯綜しているようなのですが?

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
虎毛山 湿原の高山植物の花期は終わっていた 2016.07.02 山形の山歩き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる