山形の山歩き

アクセスカウンタ

zoom RSS 御所山(船形山) クラビコース往復 2016.09.17

<<   作成日時 : 2016/09/19 10:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

山頂にて
画像

9月の連休はあまり良い天気ではなさそうだが、17日(土)は曇で雨は降らないようだ。日帰りのコースを考え、尾花沢市から御所山(船形山)に行くことにした。御所山は1969年の初登頂以来9回目になる。層雲峡コースを登りたいが、この所の雨で増水していると思い、荒神コースを登りクラビコースを下る計画にした。荒神コースは初めて、クラビコースは1994年6月に県高校総体登山競技の引率で往復して以来になる。
山形から尾花沢を通り、延沢、鶴子を経て、鶴子ダムの北岸に付けられた鶴子林道に入る。この夏の大雨で路面に土砂が流出し、補修した跡があるが、普通車でも大丈夫だろう。
御所山荘
画像
何枚かの注意書きがあり、荒神コースは通行できないようだ。それでは、クラビコースの往復にしましょう
画像
御所山荘を通過してすぐ先の「夫の小屋跡」まで車が入れた。20台ほど停められる広い駐車場だが自分を入れても3台しかない
画像
真新しい「御所山ふるさと自然の道案内図」があり、コースタイムを合計すると、8時間35分になるようで、長時間のコースになると覚悟を決める
画像

車止めを過ぎて林道に入り、崖に付けられた林道を丹生川を見下ろしながら進む
画像
途中に川沿いの「道元峡」に下りる連絡道がある。道元峡は1978年に1度だけ通ったことがあるが、40年近くなり記憶はない
画像
第1トンネル
画像
出口側が崩落して、積み重なった岩を乗り越えた記憶があるが、路面は整地されていた
画像
素掘りの第2トンネルは昔のままのようだ
画像
落合には立派な四阿がある
画像
四阿には、キノコ採りの方がいて、クマの話などをする。クマ鈴を2個もぶら下げてきたので大丈夫でしょう。ここまでは崩壊しているとはいっても林道歩きだ。
クラビ沢の右岸に付けられた登山道に入る。10分ほど行くと雪崩斜面なのか樹木がなく草付きの道になり、朝露で足元が濡れた。通過してからスパッツを付ける。最初から付けるべきでした。
草付きを過ぎるとちゃんとした道になり、大クラビ沢分岐を過ぎた所でクラビ沢を渡渉する。沢に大岩があり、そこまで木橋があったらしいが、下流側に落ちている。転石沿いにぬれずに渡ることができた
画像
左岸に渡ると、沢から尾根に向かってジグザグの急登になる
画像
このまま尾根に出ると思ったら尾根の北側をトラバースして、地図にクラビ沢と書いてあるあたりで、また渡渉する。幅は1m程度だが、沢が水流でえぐられ、対岸は垂壁に近い岩になっている。ロープがあるのでそれに頼ってよじ登る
画像
対岸にはまた良い道が続き、沢から離れて登ると、900m付近はなだらかで、カラマツや杉が植林されている。この植林のための道だったのだろうか?
画像
途中で林が切れて御所山が見える。まだまだ遠く時間がかかるようだ
画像
ようやく県境尾根に出るとクラビ分岐だ
画像
分岐にある尾花沢山の会の標識では、山頂まで2:15となっておりまだまだかかるようだ
画像
クラビ分岐からはなだらかに上り下りのあるブナ林の快適な道になる
画像
ところが、所々に倒木があり、乗り越したり迂回したりがやっかいだ
画像
分岐から1:05で「キャンプ場」に着く。単なる平地があるだけだが、3張程度張れそうだ。すぐ先に水場もある
画像
標識ではあと1:15となっているので一気に頑張ろう。ブナ林の登りが続き、御宝前分岐に着くと、低木になり山頂まで見えてくる
画像
分岐からなだらかな登り下りがあり、最後の急登に変わる。最後は崩れやすいガレ場
画像
御来光岩の所で色麻コースの分岐に出る
画像
後はなだらかに南に進み山頂に着く。風が寒いので、山頂標識の写真を撮り、避難小屋に入る。写真の右側のハシゴを登って入口へ
画像
5人ほどが休んでおり、自分も行動食をとり下山にする。
御来光岩の所でこれからの下りに備えて靴ひもを結びなおし、急な下りに入る。同じコースを下ったので、写真は省略するが、とにかく長いコースだ。
落合に出る手前から、雨が降り出してきた。樹林帯では体には降らないが、樹林がない所では降っているという程度の雨だ。落合の四阿で傘を出して林道歩きに入る。途中から雨が上がり傘も必要なくなった。さすがに長距離の歩行で足が進まない。林道歩きは、登る時には53分かかっていたが、下りでも51分かかって駐車場に着いた。
GPSトラック 沿面距離23.8Km 所要時間9:37 累積標高差+1505m −1496m (クリックで原寸大まで拡大可能)
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
御所山(船形山) クラビコース往復 2016.09.17 山形の山歩き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる