山形の山歩き

アクセスカウンタ

zoom RSS 大平山・二ツ森・北山 2016.10.05

<<   作成日時 : 2016/10/06 20:02   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

大平山おおひらやま 813.6m 三等三角点「大平」  初登頂
二ツ森(南峰)695m 三角点なし      2回目
北山187.6m  四等三角点「北山」  初登頂
細野集落から大平山
画像

先日「やまがた百名山」のうち、50山が発表された。ほとんどは登ったことがるが、大平山・北山・温海岳は未踏だ。(樽石山というのも覚えがないが、地図で調べると、樽石から葉山に登る途中にある1155mの峰のようなので、通ったことがある。)50山の内、北山と樽石山だけは25000地図にも記載がなく、どこにある山かも判らない。「やまがた百名山」として多くの登山者を迎えることになるだろうが、大丈夫なのだろうか?
最初に大平山(おおひらやま)を目指す。尾花沢市の細野集落で毎年春に「高い山」という登山会を実施しているという情報を得ていたが、25000地図には山名はあるものの登山道に記載はない。行けば何とかなるだろう。
山形から尾花沢を通り、細野集落に入ると「農家レストラン蔵」の所に案内があるが、「岩円堂山トレッキングコース」の案内だ
画像
そのまま車道を進むと、「大平山→」の分岐があり、大平林道に入る
画像
いくつかの分岐があるがわだちの付いている方に行ったら伐採現場だったりして戻る。とにかく上に向かうと良いようだ。平らになり少し下りになる。車を停めて少し歩いてみたら、山とは逆方向に下るようだ。車に戻り、300m程戻ったら南側に古い林道が分岐している。赤テープしかないがここだろうと判断し路肩に駐車する
画像

駐車地8:14→大平山9:07〜16→駐車地9:45
草の茂る林道を進む
画像
すぐに左に赤テープの付いた分岐がある
画像
分岐から入ると杉林の中に細々と踏み跡が続く
画像
ブナ林に変わり登山道らしくなってきた。急な登りでロープがある
画像
主稜線に出た所が切り開かれて展望台になっている。集落が見下ろせ、遠く鳥海山がかすんでいる
画像
なだらかなブナ林になる
画像
山頂に着く。甑岳が近くに見え、ワラビなどが茂る山頂には山名表示もない
画像
石祠があり、三角点も確認できた。三等三角点「大平」
画像
下りは一気に駐車地に戻る。ここまでの林道も4WDでないと通れなさそうで、下に車を置いて林道歩きするのが本当かな。
GPSトラック 沿面距離2.7Km 所要時間1:31 累積標高差±365m
画像

つぎに二ツ森に向かう。二ツ森は2002年6月に一度だけ登っている。細野から古城トンネルを通り、R347に入り、母袋集落を過ぎるところに、左に「和牛繁殖育成センター」と「←二ツ森」の標識がある
画像
入ると登りになり、育成センターの建物の間を通り抜ける(下山時に撮影)
画像
牧場に進む。左に「展望台」の案内があるのに見とれ、駐車している車が看板を隠して停まっていたので「二ツ森登山道入口→」の標識を見逃して直進し牧草地の最上部まで行ってしまった。戻ろうとも思ったが、牧草地はどこでも歩けそうなのでここから歩くことにする。二ツ森は俗称「おっぱい山」とも言うようだが納得
画像

駐車地10:34→二ツ森11:07〜10→鞍部11:17〜25→のぼり滝11:45→登山口11:53→駐車地11:59
牧草地を進むと、登っている方が一人見える。「さかさ滝」の白い標識が遠くからも見えて、標識のすぐ下で登山道に合流できた
画像
すぐに靴ひもを直していた方を追い越した。沢筋を登ると、急な登りになり左に息子森の岩塔が見える
画像
鞍部に出る。北峰(男山)に三角点があるが道はない
画像
そのまま、南峰(女山)に向かい急斜面を登る。今日の夜に台風が接近する予報だが、その遠い影響か、風が強い。山頂に着くと、展望は南側の山々や平地ぐらいで月山などはかすんで見えない
画像
山頂には石碑がある
画像
「二鞍山」と書いてある
画像
追い越してきた方も登ってきて、地元の方のようでいろいろと話を聞けた。鞍部まで下って風の弱い所で昼食休憩にする。鞍部の石碑は「交通安全祈願」
画像
下山途中で「のぼり滝」に行く
画像
水流はなく、岩壁が見えるだけだ
画像
正規の登山口。ここまで車が入れる
画像
登山口を確認してから牧場を登り駐車地に戻る。
GPSトラック 沿面距離3.2Km 所要時間1:24 累積標高差±395m
画像

車を出して展望台に寄る
画像
ここにあるこんなに立派な看板を見落とすとは困ったものだ
画像

次は、村山市の北山を目指す。村山市大久保にあるようなのでカーナビで大久保主要部を目的地にして進む。R347を尾花沢市に入り、大石田から南下して村山市に入り、西側の山麓を大久保集落に入ると、交番の所で西に入り、勤労青少年ホームの所に「北山さくら公園 散策マップ」がある
画像
ここに駐車して歩いてもよいようだが、案内図の一番上部の駐車場まで車を入れる。すぐ上に山頂の三角屋根の建物が見える
画像

駐車地12:53→北山13:02→駐車地13:09
何も持たずにスタートし、5分かからずに山頂に着く。三角屋根の建物は「しあわせの鐘」>
画像
画像

鐘の奥に「夫婦松」
画像
四等三角点「北山」
画像
甑岳が見える
画像
桜が植樹され、花の季節はきれいだろうが、山としてはあまりに物足らなく、「やまがた百山」というよりは公園ではないか。遊歩道を少し廻って車に戻る。
GPSトラック 沿面距離0.6Km 所要時間0:11 累積標高差±35m
画像

これで今日の予定は終了。北山の近くに「碁点温泉」があるので入浴(350円)してから帰宅する。普通日だけに空いていて快適な温泉だった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
大平山・二ツ森・北山 2016.10.05 山形の山歩き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる