山形の山歩き

アクセスカウンタ

zoom RSS 根子から大頭森山と明手山 2017.03.20

<<   作成日時 : 2017/03/22 09:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

大頭森山 984.2m 5回目 今回のコースは初踏査
明手山 965m   初登頂
大頭森山にて、朝日連峰をバックに
画像

朝日連峰の東側の谷間に大井沢の集落が南北に延びている。そのさらに東側に1000mに満たない山々が南北に並んでいる。その中で代表が大頭森山ということになる。大頭森山には、夏期には南側の車道の峠から遊歩道があり、峠の駐車場から20分程度で山頂に着く。しかし、冬季は西側は西川町大井沢の根子、東側は大江町柳川の矢引沢の間は通行止めだ。大頭森山へは、遊歩道経由で3回登り、積雪期には2006.03.11に大江町の矢引沢から山スキーで大井沢峠を経て往復したことがある。今回は、大井沢の根子から往復することにして、ついでに道のない明手山にも登ってみよう。
山形中央ICから月山ICまで高速を使い、大井沢に入り、最南端の根子集落から南に入るとすぐに冬季通行止めだ。車2台が駐車しているが、雪がかぶさっており、昨日から停まっているようだ。古寺鉱泉から朝日連峰にでも行ったのだろうか。
車から出ると足下が凍っていて滑る。これならばアイゼンが必要かと思い、アイゼンをザックに入れ、ワカンを外につけて出発
画像
スノーモービルの跡があり、固く締まっている。ツボ足で車道を進むとすぐに上に向かう踏み跡があり、急斜面を登り水道施設?のある所でまた道に出る。龍ヶ岳方面
画像
しばらく車道を進んで、滝淵沢の橋の手前で斜面に取り付こうとワカンを付けて南側に登り始める
画像
ところが、固そうだったのは表面だけでワカンでは20cm近く沈んでしまう。少し登ったが、この雪では時間がかかりすぎるだろう、もっと山に近いところから登ったほうが良いだろうと思い、戻ってさらに車道を進む。
車道の標識がこの程度しか出ていない
画像
大きくカーブする車道を歩き、南端付近から斜面に取り付く。雪が深く大変だったが、尾根に出たら昨日の物らしいスノーシューの多くの足跡がある
画像
大頭森山まではこのトレースを使わせてもらう。左に大頭森山が見える
画像
なだらかで沢や尾根が複雑に分岐しているがトレースを使えば問題はない
画像
700m付近で急になる手前で休憩。さらにトレースをたどる。800m付近でスノーシューで登ってくる方が後ろに近づいてきた。
920m付近で町境の尾根に出る
画像
大頭森山の最後の斜面を登ると山頂の展望台が見えてきた
画像
すぐにスノーシューの方も着いた。追い越さないように気を使ってくれたようだ。
大展望台は閉鎖されて登れないが、展望台を使わなくても朝日連峰の大展望が広がる
画像
大朝日方面を望遠で
画像
追いついてきた方は東根在住とのことで写真を撮ってもらう
画像
軽く食事をしてから東根の方に話をして明手山に向かう。
登ってきたときに使ったトレースは大頭森山までの往復で、あとはトレースはない
画像
気温が上がってきてズボズボぬかり、またワカンに雪が付いて重くなり大変だ。車道と駐車場は雪の下で、通過して南に進む。
大頭森山が遠くなってきた
画像
次の登りで東根の方が追い越してくれた。明手山への最後の登りはそのトレースを使うが、スノーシューとワカンでは沈み方がずいぶん違うのを再確認する。特徴のない円頂の明手山に着く
画像
朝日連峰は少し角度を変えて見えるが、山頂部は雲に隠れてきた
画像
東根の方は先に下り、自分は一休みして下山にする。東根の方は早めに西に下って行ったが、万一登り返しがあると厄介なので自分は雪に埋もれた車道までは来た時と同じ所を通る。車道の北側の894峰の先で下れそうな斜面を見つけ、踏み跡のない斜面をズボズボと下る
画像
上りのトレースに出る
画像
後はトレース通りに下り、登りのときにトレースとであったところからもそのままトレースをたどる。650m付近で大きな開けた斜面に出て北側の展望が広がる。昨日のトレースもここで休んだようで自分もコーヒータイムにする
画像
パノラマ撮影
画像
確認すると最初に登り始めたルートをあと200〜300mほど頑張ればここにでられたようだった。トレースは西に下り、ネズミ沢の手前で車道に下りた。この写真の右から下りてきた
画像
最初に斜面を登ったのでこのトレースの入口は通らなかったわけだ。
すぐ先に古寺鉱泉への道路標識があるが雪の重みで壊れたらしい
画像
後は車道を駐車地点に戻る
画像

 雪が重く疲れたが充実した山歩きができた。ワカンよりはスノーシューが、ピッケルよりはストックがよかった。車には両方とも積んでいたのに選択を誤った。
 帰路、「大井沢温泉湯ったり館」で入浴。300円だが、温泉パスポートで月山自然水1本サービスだった。祝日であり、5〜6人が入浴していた。
コースタイム 根子7:21→滝淵沢の橋7:40〜(一度登って戻る)8:02→車道から尾根へ入る8:26→700m休憩8:57〜9:02→大頭森山9:52〜10:15→明手山11:32〜36→650m休憩13:05〜17→根子13:43
GPSトラック 沿面距離11.2Km 所要時間6:22 累積標高差±940m
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
根子から大頭森山と明手山 2017.03.20 山形の山歩き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる