山形の山歩き

アクセスカウンタ

zoom RSS 仙王岳と県境を龍ヶ岳の途中まで 2017.04.06

<<   作成日時 : 2017/04/07 10:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

仙王岳 912.5m 三等三角点「仙翁岳」  初登頂
仙王岳にて(セルフ撮影)
画像

仙王岳は二井宿峠の南の山で、少し宮城側にずれているが県境の山といってよいだろう。登山道はないが積雪期の記録は散見できる。前から気になっていた山で残雪期の今なら登れるだろうと思い出かける。仙王岳だけでは時間が余るだろうから、龍ヶ岳に向かって県境を行けるところまで行ってみよう。
 山形から柏木トンネルを経て、二井宿から国道113に入り、二井宿第二トンネルの宮城県側にある駐車場に停める
画像
雪は柔らかそうなのでスノーシューで歩くことにする。駐車場から国道を東に進み、旧道との合流点を越え、「玉の木原古戦場跡」の標識の所から南側の雪面に入る
画像
スノーシューを付け、平原から少し右寄りに尾根に取り付く。急斜面で雪が柔らかくスノーシューで10p程度ぬかる。もう一つ東の主尾根(下りで利用)に合流すると尾根の東側には雪庇が付いていて尾根は雪が消えている。東側に岩場があるようで急なところもあるので、スノーシューを外して雪のないところを歩く
画像
間もなく全体が雪になりまたスノーシューを付ける。尾根は広くなり山頂が見えてくる
画像
振り返ると番城山方面が見えてきた
画像
番城山をズーム
画像
710m付近で休憩。さらに急斜面を登り、810m付近で主尾根に合流する。北東側に番城山とその後ろに蔵王の熊野から刈田が見える
画像
仙王岳までの急斜面も見える
画像
東側には雪庇があるので、用心しながら急斜面を登る。途中のブナ林
画像
仙王岳に着く。峠田山の七ヶ宿スキー場が分かる
画像
蔵王方面
画像

まだ時間が早いので県境稜線を龍ヶ岳に向かうことにする。龍ヶ岳まではまだまだ遠くいくつものコブを越えなければならないようだ
画像
東側には大きな雪庇が張り出しているので注意しながら下って上っての繰り返しだ。振り返って撮る
画像
891峰を越えると稜線の幅が広くなりなだらかになる。龍ヶ岳はまだ遠い
画像
仙王岳から1時間ちょっとで803m標高点のある鞍部に着く。赤テープがある所で休憩
画像
昼食をとり地図を見ると、この辺が仙王岳と龍ヶ岳の中間地点のようだ。ここからは上りになるので龍ヶ岳までは1時間以上かかるだろう。ぬかる雪で疲れたこともあり、ここまでで戻ろう。
戻りでは疲れが出てきて足が上がらず、スノーシューを踏んで転んだりする。上り下りで戻るのも大変だ
画像
仙王岳まで上りだ
画像
仙王岳は西側を巻いて登ってきた尾根に入る。そのまま仙王岳北尾根を下っても大丈夫なようだが、登ってきたとおりに下り、登りではスノーシューを外したところも強引に履いたまま下る。最後の所は登ってきたところよりも一つ東側を下ると杉林に入る
画像
平らな玉ノ木原を通り、上りと同じ所で国道に下りる。スノーシューを外し駐車場まではすぐだ。
 今日の山形市は最高気温22.3°だった。ちょっと暑すぎて雪は緩むし、疲れは大きいしで大変だった。
コースタイム 駐車場7:27→仙王岳9:23〜38→803m鞍部10:41〜11:02→仙王岳12:27→駐車場13:21
GPSトラック 沿面距離8.8Km 所要時間5:54 累積標高差+876m−871m
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
仙王岳と県境を龍ヶ岳の途中まで 2017.04.06 山形の山歩き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる