山形の山歩き

アクセスカウンタ

zoom RSS 大水沢山(午前)と呑岡山(午後) 上山市のヤブ山 2017.04.14

<<   作成日時 : 2017/04/15 15:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

大水沢山586.1m 三等三角点「楢下」  初登頂
呑岡山 592.4m 三等三角点「天拝」  初登頂 
上山市の南部にある楢下宿は、羽州街道の宿場町として古い建物が残り観光客も多い。その西側にいくつかの山々が連なっているが、3月5日に松沢山とクケジ山を登った。この時に取り残されたのが最も楢下宿に近い大水沢山だ。駐車場は、滝沢屋の脇の農村広場駐車場が使えることは確認しておいた。
山形を8:30頃に出て、上山から楢下に行く。脇本陣だったという滝沢屋の隣に農村公園駐車場がある。今の季節の金曜日に観光客もいないでしょうから駐車させてもらう
画像

北に50mほど進むと、「砂防指定地 尻無川」標識
画像
上に大きな砂防ダムが見える
画像
砂防ダムの右側を巻いて登る道があり、ダムの上で沢に出る。沢を登ると倒木で荒れている
画像
沢の左斜面を上り尾根に出る
画像
東側が見えてきた。左端が三吉山・葉山、右奥には蔵王連峰
画像
何も表示はないが、この辺が最高峰602m
画像
大水沢山586.1m 三等三角点「楢下」 
画像
三角点付近から蔵王連峰、左端の木の陰が瀧山、右の一番高いのが熊野岳でその左に地蔵山と三宝荒神山、手前の低い山が午後から登る呑岡山
画像
山頂で休憩して、下山路を考え、周回することにする。下山路もヤブはそれほどひどくはない。かすかな踏み跡もある
画像
501標高点の峰から東にしばらく下ったら「入山禁止」標識がある
画像
尾根筋が入山禁止のようなので、右に急な山腹を下ったら砂防ダムに出た
画像
下にもう一つ砂防ダムがあるが、そこからは道がある
画像
その道を下ったら墓地の裏に出た。浄休寺でした
画像
浄休寺前で車道に出たが、そこには「砂防指定地 大水沢川」となっていて、下ってきた沢が大水沢川だった
画像
楢下宿の建物
画像
滝沢屋に戻る
画像

コースタイム 滝沢屋9:03→大水沢山10:17〜23→501峰11:04→滝沢屋11:59
GPSトラック 沿面距離4.7Km 所要時間2:56 累積標高差±450m
画像

ちょうど昼飯時で、近くにある「原口そば屋」に行く。もり蕎麦700円
食後、呑岡山に向かう。県道263から呑岡山の西側を回る車道を進み登山口を探すが、野生動物の防護柵が続き、電気が通っているようだ
画像
考えていたよりも、山頂から北側に離れた防護柵の終了点に山側に入る道があるのでそこから入る(戻ってきたときに撮影)
画像
最初は踏み跡もなかったが、389峰からは踏み跡が出てきた。今年最初のカタクリが咲いている
画像
尾根を上ったら、のり面が崩落している古い林道に出た
画像
古い林道を沢沿いに登るが、藪がひどい
画像
送電線巡視路に出た
画像
送電線巡視路を上り、290鉄塔に出る
画像
鉄塔から西に下る道がありそうだ。鉄塔から山頂に向かって尾根を進むと間もなく何かの電波施設がある
画像
尾根には踏み跡が続き、こんな石ゴロゴロの所を通る
画像
呑岡山山頂 三等三角点「天拝」592.36m
画像
少し先まで行ってみたが、元の道を戻ることにする。山頂の北側からは鉄塔まで行かずに、下に見える道に向かって山腹を下りる。途中で今年最初のキクザキイチリンソウ
画像
下りで右に見えるのが291と292鉄塔だろう
画像

コースタイム 駐車地12:46→290番鉄塔13:41〜43→呑岡山13:53〜14:00→駐車地14:40
GPSトラック 沿面距離3.1Km 所要時間1:54 累積標高差±405m
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
大水沢山(午前)と呑岡山(午後) 上山市のヤブ山 2017.04.14 山形の山歩き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる