山形の山歩き

アクセスカウンタ

zoom RSS 現地名の「米太平山」 2018.8.20

<<   作成日時 : 2017/08/20 18:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

登った山・・・米太平山206m(やまがた百名山No,40)でしたが、現地名の「米太平山」190mに登り、送電線巡視路を周回
米湿原のサギソウ
画像

ようやく山歩きができるようになり、自宅周辺の盃山や千歳山でトレーニングを始めた。どうせトレーニングするなら、まだ登っていない「やまがた百名山」のコース調査に行こうと考えた。雲の多い天気が続いているが、北の方ほど天気が良さそうなので、鮭川村の米集落の米太平山に行くことにした。
米集落をナビに入れて出発。山形から新庄経由で国道47を西に進む。本合海近くまで新しい道ができていた。国道478に入り升形から鮭川村に入ると、左道集落に左に米湿原への標識があり、舗装されてはいるが細い道に入る。米集落近くまで下ったら、米湿原の駐車場があった
画像
米湿原の説明版
画像

出発して、駐車場の西に入るとすぐに分岐があり、左は湿原、右は大堤・太平山
画像
右に下ると米堤(大堤とも言う)の土手に出る
画像
農道を西に進むと、ワラビなどの農地でいくつかの分岐があるがどれも行止まりだ。(下のGPSトラックの地図に、うろうろしたところが書いてある)
米堤近くまで戻ったら、送電線鉄塔への黄色い標識がある。これが登山道のようだ
画像
杉林の中を登る
画像
展望所に出る。下に鮭川の流れと集落が見え、遠くには鳥海山が見えるらしいが雲の中だ
画像
三吉大権現の石碑
画像
展望所から2分で小ピークがあり、「米太平山」という小さな標識があるのでここが山頂と思ってしまった。(ここは現地名の米太平山で、山形県の「やまがた山」のサイトではさらに東側の現地名「種活沢山」206mを米太平山にしている)
画像
あとからGPSデータを地図に落としてみたら、小ピークから東に続くヤブの被さる道が正しい登山道だった。ここが山頂と思ったものだからまさかヤブを進むとは考えずに、南西に続く送電線巡視路を進む。こちらはヤブも少ないしっかりした道だ。送電線最上幹線の鉄塔115にでた
画像
さらに南に巡視路が続いている。急に下りて沢を渡る
画像
沢に出た時点で、完全に違う道に入ったと分かったが、巡視路をたどれば林道に出られそうだ。沢の先では少し草が茂るが、急な登りで鉄塔116に出る
画像
間もなく草の茂る古い車道に出た
画像
これで間違いはないはずと車道をたどるが、考えていたよりもずっと長い。やっと湿原駐車場に行くときに車で通った道に出る
画像
車道を北に進むとすぐに「展望台」の分岐があり、右に入る
画像
すぐにベンチのある展望台に出たが、周辺の山々は雲の中だ
画像
「湿原→」の道標に入ると間もなく車道に出る
画像
車道を少し歩くと駐車場のすぐ近くで左の遊歩道に入り、駐車場に戻る。

荷物を車に置いて米湿原に向かう。砕石の敷かれた遊歩道から木道になり、木が濡れていて滑るので注意しながら進み、湿原に入る。今の季節ではもう花はないかと思ったが、ギボウシ
画像
白い小さな花があると思ったらサギソウが咲いていた。山形県では絶滅危惧TA類に指定されており、自分も野生のものを見たのは初めてだ。現地にも書いてあったが、盗掘などがないように願う
画像
木道は最後の部分で湿原を周回して付けられ、駐車場に戻る。途中でGPSの電池が切れた。
駐車場8:37→米太平山(標識)9:10→鉄塔115番9:18→鉄塔116番9:37→舗装道10:04→展望台10:12→駐車場10:22→米湿原10:35→駐車場10:45
GPSトラック 米湿原の部分は除いて 沿面距離4.8Km 所要時間1:45 累積標高差±290m(クリックで拡大)
画像

出発前は、もう一つ近くの「やまがた百名山」を歩くつもりだったが、しばらくぶりの山歩きで疲れた。戻ることにしよう。駐車場から米集落の方に進んだら立派な案内図があった。こちらから入るのが本当らしい
画像
新庄で昼食をとり、「舟形若あゆ温泉」で入浴する。通常350円の所、温泉パスポート利用で200円で、まだ昼前であり空いていて快適な温泉だった。
帰宅後にGPSデータをパソコンに落とすまで、米太平山を通ったと思っていた。ヤブ道にあった「米太平山」の標識は何なのだろう。標識までで戻ることを想定しているのだろうか。「やまがた百名山」として人を呼ぶには、標識類が少なすぎる。結局山頂は通らなかったのだから、また行かなければならないだろう。
「やまがた百名山」の残りは、変わらずに9座のままだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
私も昨日の午後に歩いてきました。
あの手書きの米太平山は私も間違って付けたものと思っておりましたが、現地ではあの190m峰を太平山、東に藪尾根を辿る206m峰を種活沢山と呼ぶそうです。
秋に道標の設置と道の刈払いを予定していると、米地区の米湿原保全の責任者の方が言っておられました。
それにしても、お会いできず残念でした。
SONE
2017/08/21 09:20
SONE様 ご来訪いただきありがとうございます。同日の午後に登られたとのことで、ちょっとの差でお会いできなかったのは残念です。
「やまがた山」のサイトなどを見て行ったのですが、現地名との違いに惑わされました。それもまた里山の魅力の一つとも思いますが。
je7snv
2017/08/21 10:01
あの標識は困ったものですね〜
山に行ったけど山頂を踏んでいないところが増えるばっかりです・・・・
トシヒコ
2017/08/22 04:35
トシヒコ様コメントありがとうございます。
よくよく考えてみると、「やまがた百名山」で206mの現地名「種活沢山」を米太平山にしたのが何故なのかわかりません。地図に名前が載っているわけではないので、現地名が優先すると思うのですが・・・?
je7snv
2017/08/22 14:13

コメントする help

ニックネーム
本 文
現地名の「米太平山」 2018.8.20 山形の山歩き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる