山形の山歩き

アクセスカウンタ

zoom RSS 北山 と 地蔵盛山・地蔵倉 2017.09.01

<<   作成日時 : 2017/09/02 12:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

湯の台スキー場のソバ畑から地蔵盛山(左はスキー場のノルディク館)
画像

登った山 @北山(きたやま)188m やまがた百名山No.58 2回目(四等三角点「北山」187.56m)
  A地蔵盛山(じぞうもりやま)594m やまがた百名山No.56 初登頂 (三角点なし)

やまがた百名山も残り5座になり、早めに登り終えたいものだ。今日は肘折温泉の「地蔵盛山」に行く。短時間で登れそうなので、行く途中で村山市の「北山」に寄ることにした。
山形を出て、谷地経由で国道347を北に進む。葉山駐在所のある十字路を左折する
画像
すぐに「村山市勤労青少年ホーム」があり、案内図がある
画像
案内図を拡大
画像
前回2016.10.15には、「近道コース8分」の方を歩いたが、あまりにも短すぎた。今日は「散歩コース20分」を歩く。青少年ホームの左側を進むとすぐに右に運動場があり、その端が「さくら公園」駐車場だ
画像

運動靴のままで行けそうだが、草が茂っているので濡れるだろうと思い登山靴を履く。カメラとGPSだけ持って出発。草が夜露で濡れていて、登山靴にしたのは良かった
画像
600本の桜が植樹された中を遊歩道がジグザグに伸び、山頂に出る
画像
「きぼうの鐘」の塔が立ち、その脇に三角点と「夫婦松」がある
画像
画像
下りではジグザグをシュートカットして戻る。
GPSトラック 沿面距離1.5Km 所要時間0:29 累積標高差±75m(今回は青線)
画像

ナビに肘折温泉と入れて車を出すと、冨並から左折して山の内、次年子を通り、最上川沿いの県道30を経て赤松を通り、国道458を南下するコースで湯の台スキー場に着く。
スキー場入口に産直の直売所があり、営業していないが駐車する。今度はザックを背負って出発
画像
国道から南に延びる道を20mほど進むと右に牧舎に通じる道がある。入ってすぐの牧舎の手前に左に細い舗装路があるので入る
画像
GPSのナビに地蔵盛山をセットして進んだが、舗装道はコースから外れていく。右にスキー場の電線が伸びているのでその電柱を目指してヤブに入る。ススキ類の結構濃いヤブだが、次々に電柱を追いかけたらスキー場中腹の建物に出た
画像
スキー場を見下ろすと、神室連峰から左に鳥海山まで見える
画像
山頂に向かって右下斜面が草刈りしてあるので少し下り、草刈りしてある部分の上に出ると、踏み跡らしいものがある。踏み跡を進むと、あと100m程度の所で踏み跡もなくなり、藪がひどい。とにかく上を目指して進むと、樹林の中に入り太い木の根元に「地籍図根三角点」という角柱がある。三角点はないはずだが、ここが山頂だろう
画像
見晴らしは全然ない。山頂周囲を見たが踏み跡はない。下りでは登って来たよりは右に入ったが、やっぱりススキが茂る。ロープトウの支柱と思われる鉄塔に出た
画像
さらにヤブを進むと登った時の踏み跡に出た。神室連峰を見る
画像
踏み跡をたどったら、牛舎のすぐ上で舗装道に合流した
画像
後はすぐに駐車場だ。
GPSトラック 沿面距離2.7Km 所要時間1:25 累積標高差±190m
画像

車を肘折温泉に向かって走らせ、国道から肘折温泉に下る道に分岐のすぐ先に地蔵倉への標柱がある。駐車場所を探して少し先に進んだら、ゲートがあり通行止めだ。国道の路肩に停める。
ウエストバッグで出発。地蔵倉標柱から階段を上る
画像
階段の上には案内板や斎藤茂吉の歌碑、男岩などがある
画像
案内板を拡大
画像
杉林の中を直進すると岩に「子造り地蔵」があり、奉納された像がリアルだ
画像
凝灰岩の岩壁をトラバースするが、しっかりした鉄柵が付いている
画像
画像
肘折カルデラを囲む山々が見えてくる
画像
太い松のある所までトラバースして、岩に刻まれた段を登る
画像
さらにトラバースすると地蔵倉に着く
画像
御堂があり、その手前には石像が並んでいる
画像
御堂の裏まで進む
画像
岩には多くの「こより」が通してある。凝灰岩の穴に通ると願い事が叶うのだそうだ
画像
同じ道を戻る。こちら側から地蔵盛山へは道はなく、急でヤブ漕ぎで登るのは無理だろう。
地蔵盛山は冬季にスノーシューなら登れるだろうが、今の季節の山登りとしては勧められない。地蔵倉の観光が良い所だろう。
まだ時間が早いので、肘折温泉に向かう。がけ崩れで崩壊した道に新設された「肘折希望大橋」を渡る
画像
小松淵を見る
画像
最も奥の「カルデラ温泉館」に行く(450円)
画像
内湯に入り汗を流す。内湯の入口、一人入っていた
画像
入浴後、飲泉所で炭酸泉を味わう
画像
食堂で昼食。露天風呂は、女性入浴時間だったのだが、昼食をとっていたら、男性入浴時間に変わったので、今度は露天風呂に入る
画像
露天風呂は、浴槽だけで洗い場はない。
まだ早い時間だが、自宅に戻ることにしてナビに入れたら、途中から来た時と異なり、大石田を経由して国道13を経て帰宅する。
これで「やまがた百名山」の未踏は、飛島の柏木山、小国の大境山、百石山、白太郎山の4座になった。大境山は、選定前から登山講座OBの10月企画に入れている。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
北山 と 地蔵盛山・地蔵倉 2017.09.01 山形の山歩き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる