水晶山 周回 2012.11.4

水晶山   667.9m
 水晶山登山口トイレ前11:45→楯畑との峠11:48→楯畑集落12:08→登山口の鳥居12:15→尾根の天狗岩分岐12:45→天狗岩12:49→天狗岩分岐12:53→神楽岩13:06→水晶山神社拝殿13:22→御室・山頂→拝殿13:34→見晴台13:40→六角堂13:58→登山口14:10
 堂木沢山から下山し、天童の水晶山に登る。水晶山は今まで2回(1998.8.23と2005.11.23)登ったことがあるが、いずれも川原子口の車道終点からの往復だった。山形新聞に周回路が作られたという情報が載っていて、まだ登ったことがない東根市の猪野沢口から登り、周回してみようと思う。
 川原子の車道途中の鳥居から水晶山が見える。
画像
その先で左にゴルフ場への道を分け、すぐに左に登山口駐車場表示とトイレがある。ここに駐車
画像
駐車場入り口に、新しく切られた道の案内図が掛けてある。
画像
出発してすぐに、車道脇の駐車場の先から左の農道に入る。少し下るとため池の手前で右に曲がり登りになり、間もなく左に新しく切られたような道がある。
画像
赤テープもあるのでここだろうと思い入ると、少し先からはしっかりした道になり、登って天童市と東根市の境の峠に出る。
画像
峠からも古い林道跡のような道を下り、リンゴ園の脇を通って楯畑集落に出る。
画像
ここから集落内の舗装道路を登ると間もなく人家は途絶え、右に水晶山登山道の案内がある神社がある。
画像
鳥居をくぐり、真新しい1m四方程度の小さな祠の前を通る
画像
山腹をトラバース気味に登る登山道に入る。沢沿いの道は川原子口ほど整備されてはいないが、しっかりした道で、鏡岩を過ぎ沢から左の山腹に取り付く。杉林の中をトラバースする道は、少し崩れやすい個所もあるが、やがて尾根に出る。尾根に出たところに「天狗岩→」の標識があるので右に入ってみる。
画像
少し下ってから登り天狗岩らしい岩に出る。岩を抱えている松の大木が素晴らしい。
画像
天狗岩からの山頂部
画像
元に戻りなだらかな尾根を進むと、急坂に変わり、神楽岩に出る。岩が重なった面白い岩だ。
画像
この先からは岩の積み重なった道になる。
画像
落ち葉で覆われはっきりしないところもあるが、急坂を登り切り、山頂の拝殿の下で川原子口と合流する。
画像
拝殿前から左に進み、御室の岩穴を覗く
画像
御室から三角点に登る
画像
午前中に登った堂木沢山(左の山)
画像
三角点から少し下ると、奥の院の石祠
画像
奥の院から、石段を下り拝殿に戻る。山頂部の案内図
画像

 下りは川原子口だ。なだらかに少し下ったら「滑石」の標識からは急になり、ここで今日初めての登山者とすれ違い、その後合計8人とすれ違う。こちらからは午後からでも多くの登山者がいるようだ。見晴らし台からは天童方面が見える。
画像
画像
七曲りは7か所に上から7~1と標識があり、1のすぐ先で杉林に入り、水晶の形を模して作ったという六角堂に出る。
画像
ここは嗽清水もあり、車道終点になっている。
画像
画像
自分はまだ下らなければならない。車道を何度か横断して下る遊歩道
画像
禊の井戸
画像
画像
山の神
画像
山姥
画像
信仰登山の旧跡があり歩いて下るのも良いものだ。道路脇の駐車場の所で遊歩道は終わり、車道を少し歩いて駐車場に戻る。
 このコースを周回するには、登山道があまり整備されていなく、急な岩の道のある猪野沢口から登り、遊歩道として整備されている川原子口に下るという今回の経路が初心者向きとしては適している。反対だと下りがちょっと危ないだろう。
GPSデータ クリックして拡大してください
画像

地名等を追加しました
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

この記事へのコメント

トシヒコ
2013年09月03日 19:43
GPSデータ
参考になりました。
私のは適当に手書きだったのでだいぶ違っていましたね~
 でも、こういった歩き方もあったんですね。
大変参考になりました。

この記事へのトラックバック