ライザ~刈田岳 スノーシュー 2013.12.26

ライザスキー場リフト降場上10:50→廃線リフト乗り場11:32~37→刈田岳12:14→廃線リフト乗り場12:46~13:00→ライザレストラン13:53
御田神付近からの中丸山・遠景に朝日連峰
画像

週間予報では、年末年始は冬型になるようで、その中で今日は珍しく天気がいい。朝の散歩が終わってから準備して、ライザに向かう。この冬、初スノーシューだ。
 ライザ駐車場から移動し、リフト券2枚(600円)を買ってから、ライザレストランに入りトイレ借用。それからリフトに乗って移動。2つ目のリフト乗り場で、入山届の提出を求められ、記入してから乗車し、リフトを降りてゲレンデまで進んでからスノーシューを付ける。
 ゲレンデから先には今日は誰も行っていないようだ。雪はいつもの12月よりは多い。いつものツアーコースを登る。それほどの深雪ではなく10cmぬかる程度だ。御田神避難小屋前を通るが、小屋は雪が付いていい感じだ。
画像
熊野岳から刈田岳はくっきりと見える。中丸山の後方には朝日連峰が見える。拡大
画像
、南方には吾妻連峰・安達太良山が判る。
画像
小屋は通過して、リフト廃駅で休憩。軽く食事にする。廃駅からは、最初は廃線リフト沿いに登り、途中からは両方のリフトの間の尾根を登る。登るにつれ、風が強くなり、稜線では結構ひどいが、雪やガスがないだけいつもよりはましか。山頂レストハウスを右に見て、刈田岳に着く。
画像

鳥居や社殿は樹氷で覆われている。すぐに戻る。リフトの上駅からは、山交リフト沿いに下り、刈田駐車場からリフト廃駅に行く。廃駅で昼食休憩。今日は登る人はいないようで、自分のトレースだけだ
画像
御田神小屋付近で登ってきた方がいたが、すれ違う前に南側に向かった。樹氷の撮影でもしているのかな。
小屋からは登りのコースをたどり、ゲレンデに出る。リフト乗り場に寄って、下山の連絡をしてから、「清水の森」の中に入る
画像
次の写真の所でゲレンデに出てライザレストランに戻る。
画像

GPSトラック  リフトの上から戻るまで沿面距離7.3Km 累積標高差+392m -738m
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック