加無山(かぶやま) 難路でした 2017.10.17

加無山997m やまがた百名山No.34  2回目
 三等三角点「加無」997.22m
男加無山の第1岩峰から女加無山
画像

加無山へは、2012.09.16に登ったことがある。やまがた百名山のグレーディングに際して、再調査のために登る。
まだ薄暗い5:30自宅発、国道13を高速の新庄道路終点まで行き、県道308から県道35で真室川町を通り抜け、釜渕を通過し北に進む。廃校になった大滝小学校の東に「加無山登山口←」の標識があり、加無山林道に入る
画像
途中の分岐には登山口への標識があるが、林道は縦横に雨溝があり、前よりも荒れているようだ。7:15に登山口到着
画像
ここから山頂まで標識は一切ない。
登山口から杉林に入り、八敷代川に下る。途中の杉林は間伐されたようで、何か所かのブル道を横切る。八敷代川に出る前に小さな沢を渡る
画像
八敷代川の左岸を歩くと間もなく渡渉点だ。(前回は川に出てすぐに渡渉したが少し異なる)
画像
渡渉点にはロープがあるがつかまれるようではない。渡ってから撮影
画像
川幅は5m以上あり、靴のままでは渡れない。靴の上にビニール袋を履いて渡る。
対岸にはしっかりした道が続く。昔は林道だったのかな?
画像
倒木が道をふさいでいるようだが、潜れた
画像
10分ちょっとで川に出て、渡渉かなと思ったら川岸をへつる。滑りそうで危ない
画像
北に向かう八敷代川から西に加無沢が分かれるが、この辺は沢から離れているので出合は判らない
画像
いつの間にか加無沢沿いの道になり左岸に渡渉する。水量が少なく転石伝いに渡れる
画像
渡ると少し登って、左岸(登りでは沢の右側)のトラバース道になる。草が茂り足下が見えないところがある。対岸には千畳岩の岩壁が見える
画像
遥か上方に女加無山が見える
画像
間もなく加無沢の2回目の渡渉
画像
沢を右に見て登ると登山道の崩落個所がある。大きく上を巻くが危ない箇所だ。(通り過ぎてから撮影)
画像
支流の沢を越し、沢から離れてのなだらかな登りになる。道も歩きやすい。ブナの巨木があるところで休憩
画像

その少し上で登山道の倒木にナメコを発見。下山時に採取しよう
画像
道は地図の道から離れ大きく南側に回って登る。樹林越しにわずかに男加無山の山頂部が見える
画像
さらに上ると男加無山もはっきり見えてきた
画像
女加無山の岩壁の下に出て、トラバースする道になる
画像
所々、足場が崩れやすい所がある。「胎内くぐり」では岩の間を登山道が通っており、体の幅程度の岩穴を通り抜ける
画像
岩穴は下りになっている
画像
すぐ先に八幡大神の札がある岩棚がある。右奥に山頂
画像
トラバースを続けると、切れそうな古いトラロープが付いた急登になり、男加無山と女加無山の鞍部になっている挽割に着く
画像
休憩し行動食を食べる。甑山がよく見える
画像
挽割から南の女加無山へは登山道はない。西側へは急な下りになり、小叉川沿いの日正鉱山跡に出るというが、道が続いているのだろうか。
ストックは置いて進もう。東側は岩壁で、稜線沿いに進むと少し西側を回り込む急な登りになり、10分ちょっとでアカマツの古木がある第1岩峰にでる。南には女加無山
画像
さらに登りが続く。尾根から左にトラバースする笹の被さる踏み跡がある。笹につかまりながら登り、滑りやすい沢源頭のような急斜面を木につかまって登ると20分ちょっとで第2岩峰だ。第2岩峰から女加無山
画像
さらに急な登りを進むと第3岩峰に出る。ここは岩を登る。前の時には岩に赤矢印が書いてあったが消えている
画像
この先では、踏み跡が木で覆われているが、かき分けて進むと断崖の上に出る。木につかまりながらほぼ垂直に10mほど下り、トラバースして尾根沿いの踏み跡をたどる。この辺は刈払いがされており、間もなく山頂に着く。山名標識もない山頂の三等三角点
画像
周囲は前回よりも広く刈払いされているが展望はない
画像
昼食をとり下山にする。
写真の左の垂壁は下を巻くが、中央に見える第3岩峰へは、垂直に近い登りがある
画像

第3岩峰からの女加無山
画像
第2岩峰からはしっかりした踏み跡があるが、滑りやすい急斜面では木につかまって下り、第1岩峰を経て挽割に戻る。挽割で休憩。
挽割からの下りに入るが、トラバースする下りは登り以上に危険だろうと慎重に進む。胎内くぐりはロープと木の根に頼って登る
画像
胎内くぐりから先もまた下りの危険なトラバースだ。トラバースが終わって普通の登山道になるとホッとする。巨木の森を楽しみ、登りの時に見つけたナメコ採取をしてから、加無沢の渡渉点で休憩。あとは登った道を登山口まで下る。
15:00発車し、途中で「三階滝」の分岐に駐車し入ってみた。林道から下るスチールの階段は、腐食して危ない
画像
沢に出るとすぐ上流に滝が見えた
画像
。わざわざ行くような景観でもないかな。あとはまっすぐ帰宅する。
コースタイム 加無山登山口7:30→八敷代川渡渉7:38~42→加無沢渡渉①8:13→加無沢渡渉②8:32→ブナの広場8:57~9:04→胎内くぐり9:50→挽割10:10~20→加無山11:18~28→挽割12:13~18→胎内くぐり12:36→ナメコ採取12:59~13:05→加無沢渡渉②13:26~29→登山口14:38
GPSトラック 沿面距離11.1Km 所要時間7:08 累積標高差±1030m
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック