愛宕山→能中峰→玉虫沼→白坂(山辺町の遊歩道) 2017.12.22

愛宕山226.8m 四等三角点「愛宕」 226.77m 3回目
能中峰425.6m 四等三角点「能中峰」425.61m 2回目
このところ宮城県側の山に行くことが多い。「山形の山歩き」ブログとしては、やはり山形の山を登りたい。今日は山形の天気も良いようで、山辺町の愛宕山→能中峰→玉虫沼→白坂のコースを歩く。このコースは「能中峰遊歩道」や「白坂自然遊歩道」があるのだが、山形の登山者でも知っている人は少ない。
このコースを歩いたのは2007.04.08だから10年以上前になり、変わったところもあるのだろうか。
山形から山辺町に向かう。周回コースにするには「スーパーおーばん」あたりに駐車したいが、営業前から長時間の駐車はまずいだろう。長沼公園の北西端に駐車する。新しく住宅街が整備されたあたりだ。(下山後に回ったら公園の東側に駐車場があった)長靴と登山靴の両方を車に入れていたがスパイク長靴で車道を歩くのはどうかと思い、登山靴にする。
出発して、旧山辺中学校校舎の北側から愛宕神社の参道に入る。この辺にも駐車可能だ。参道は雪道なのでスパッツを付ける
画像
南側を回り込む車道もあるが、参道を上るとすぐに鳥居がある
画像
右に曲がるところに「グリーンやまがた110景 愛宕山の大杉」の標識がある
画像
参道から西に少し下ると大杉だ。ストックを立てかけたので太さを判断してください
画像
見上げると枝が四方にくねくねと広がっている
画像
「グリーンやまがた110景」とは、昭和62年(1987年)に山形新聞主催で決めたものだそうで、この標識を見るまで知らなかった
画像

大杉から戻り、東に進むと、鐘楼のような、見晴台のような?何かの建物がある。旧山辺中に向かう途中で山の上に見えた建物がこれだ
画像
手水舎らしい建物があり、石段が続く
画像
石段を上り、愛宕神社に参拝する
画像

ここで三角点の確認を忘れた。
社殿から振り返ると、多くの足跡が右(西)に下っている
画像
すぐに車道終点に出て駐車場がある。足跡は車道に続き、正面の遊歩道には無い
画像
足跡かと思ったら蹄がありカモシカかな?
画像
植物名の問いかけ。めくると答えが書いてある
画像
鳥類の図
画像
竹が雪の重みで遊歩道に被さり、潜って進む
画像
愛宕神社1Km玉虫沼3.5Km標識から左に春日神社への分岐がある
画像
そのまま進むと、送電線新庄線鉄塔20をが右上に見える。この鉄塔は送電線の分岐にもなっている
画像
大きな石碑が右上にあるので少し上ったが「湯殿山」石碑かな?はっきりとは読めない
画像
石碑のすぐ先が「相ノ沢0.4Km」の分岐で、愛宕峠となっている
画像
今度の鉄塔は19
画像
この辺りは送電線巡視路になっているらしい。
「なな曲」標識
画像
なな曲はジグザグの上りで、振り返ると送電線が見える
画像
10~20cmの雪で少々疲れる
画像
遊歩道の中央に看板が立っていて、通り過ぎて見たら「この先階段 車両進入禁止」となっていた
画像
なだらかだが、大きく回り込んで登り、鉄塔16を過ぎる
画像
この辺が能中峰のはずだが遊歩道は稜線の北側を西に向かうので通り過ぎそうだと思い、ヤブを漕いで登る。
ヤブの中探し回って、雪から頭だけ覗いていた三角点を見つけた
画像
三角点の雪を払ってから行動食を食べ休憩
画像
何の標識もないヤブの中で、緯度経度をメモしていかなかったら見つけられなかっただろう
画像
目印にパンの袋のビニールを三角点の上の木に結んだ。
雪道は疲れるので三角点が確認できたから戻ることも考えたが、まだ時間が早いので予定通りに進む。雪道を進む
画像
倒木があり道がふさがれている先に玉虫沼の堰堤が見える
画像
車止めを過ぎて除雪された車道に出る
画像
玉虫沼の案内図
画像
画像
半島状に突き出したところに石祠があるので参拝。ここの笠松にも「グリーンやまがた110景」標識がある
画像
車道に戻り、東に進む。左上に焼き肉屋の表示があり、分岐する雪道には轍がある
画像
その分岐には「玉虫沼0.7Km 白坂1.3Km」の標識があり、左に入る
画像
左に踏み跡のない林道があり、すぐに鉄塔に出る
画像
この送電線は宮宿線のようだ。送電線の伸びる方向には笹谷峠が分かる
画像
積雪は少なくなったものの足跡のない雪道を進み、「玉虫沼1.2Km山神0.3Km」の所に要害林道への分岐がある
画像
要害林道の方から登ってきた一人と犬の足跡が山神の方に下っている。足跡から見ると今日のもののようだ。それを追って進むと、「玉虫沼1.5Km山神0.3Km」の標識があり「白坂自然遊歩道入口」となっている
画像
山神までは0.3Kmから変わらないのは?休憩し行動食をとる。
次の標識には左に分岐があるが入らないようにテープでふさがれ、「玉虫沼1.7Km山神0.3Km」で山神への距離は変わらない?
画像
今度は本当に0.3Kmで、遊歩道にベンチがあり左に山神の石祠がある
画像
この先で倒木で道がふさがれ、足跡は左に入っているが自分は倒木を乗り越えて進む。越えてから撮影
画像
だんだん平地が近くなり、ガスで煙る山形市街の上に瀧山や雁戸が見える
画像
足跡はいつの間にか無くなった。どこに行ったのかな?
鉄塔を左上に見て下ると人家近くに「塔の森」への分岐
画像
「白沢自然遊歩道入口」標識に出る
画像
白坂の説明板
画像

ここからは舗装道になる。
向原の合流点には白坂古道保存会の白沢自然遊歩道案内図がある
画像
車道を北に向かい、根際を過ぎ、源長寺沼を過ぎる。ここの駐車場を使った方が良かったかな
画像
山辺の錦ヶ丘のスーパーおーばん脇を通り、長沼公園の駐車場に戻る
画像

山辺温泉で入浴(300円)してから帰宅する。
雪がなければ快適な遊歩道だろう。もっと歩かれても良いと思った。
コースタイム 長沼公園8:26→愛宕山8:59→能中峰10:34~47→玉虫沼11:28→白坂自然遊歩道入口11:58~12:07→向原の車道12:45→長沼公園13:14
GPSトラック 沿面距離12.4Km 所要時間4:48 累積標高差±515m(青線が今回のもの)クリックで拡大
画像


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック