蔵王 噴火警戒レベル2

昨日(30)日)の15:06に携帯のエリアメールがなった。
原文のまま
避難勧告 こちらは山形市です。1月30日14時38分に、蔵王山において「火口周辺警報(噴火警戒レベル2、火口周辺規制)が発表されました。これを踏まえ、想定火口域(馬の背カルデラ)から概ね1.2キロメートルの範囲内に対し、避難勧告を発令しました。慌てず落ち着いて避難してください。(山形市)


仙台管区気象台の情報をコピーしてみた。

平成30年1月30日14時38分 仙台管区気象台発表
<蔵王山に火口周辺警報(噴火警戒レベル2、火口周辺規制)を発表>
小規模な噴火の可能性。想定火口域(馬の背カルデラ)から概ね1.2kmの範囲で警戒してください。
<噴火警戒レベルを1(活火山であることに留意)から2(火口周辺規制)に引上げ>

火山活動の状況及び予報警報事項
 蔵王山では、火山性微動が28日に1回、30日0時台および14時台に1回ずつ観測されました。本日14時18分頃から31分にかけて発生した火山性微動の振幅は、これまで観測された中で最大のものです。
また、坊平観測点の傾斜計においては、山頂の南方向が隆起する地殻変動が継続しています。

 蔵王山では今後、小規模な噴火が発生する可能性があります。想定火口域(馬の背カルデラ)から概ね1.2kmの範囲では噴火に伴う弾道を描いて飛散する大きな噴石に警戒してください。
対象市町村等
 以下の市町村では、火口周辺で入山規制などの警戒をしてください。
 宮城県:蔵王町、七ヶ宿町、川崎町
 山形県:山形市、上山市
防災上の警戒事項等
 想定火口域(馬の背カルデラ)から概ね1.2kmの範囲では、噴火に伴う弾道を描いて飛散する大きな噴石に警戒してください。
 地元自治体等の指示に従って危険な地域には立ち入らないでください。
 また、火口の風下側では火山灰や小さな噴石が遠方まで風に流されて降るおそれがあるため注意してください。

夕方のTVで、1.2Kmの範囲を示していた。
山形側の登山道では、規制はおおむね次のようだ。
 ロープウエイ山頂駅からのルートでは、ワサ小屋跡から上部
 中丸山コースでは、1600m付近から上部
 坊平コースでは、御田神湿原上部入口や刈田峠駐車場から上部

蔵王温泉スキー場やライザスキー場は範囲外だし、一般のスキー客や樹氷見物の観光客は、ロープウエイ山頂駅から下(北西側)までしか行かないだろうから心配ない。
今の季節に1.2kmの規制範囲には、冬山登山や山スキーなどの限られた人しかいない。

自分は、今シーズンは1月16日に、ライザスキー場から刈田岳まで行き、天気を見て再度、今度は熊野岳まで行こうと考えていたが、だめだろう。

このまま規制が解除されないと、エコーラインの除雪もできないだろうし、早く落ち着いてほしいものだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック