愛宕山~大旗山~鈴ヶ森~岩垂山周回 2018.12.21

愛宕山266m(標高点)  初登頂
大旗山340m(現地表記)  初登頂
奥大旗山341m(現地表記) 初登頂
鈴ヶ森360m(現地表記)   2回目
岩垂山348m(標高点)  3回目
愛宕山山頂の愛宕神社
画像

仙山線の陸前白沢駅の南側にある白沢五山には、登山口を変えてこれまでに3回登った(。2013.12.01  2017.11.22  2017.12.16 )北側からの登山道はほとんど歩いたが、南側からのコースが残っている。
HP「みやぎ里山文庫」を検索して、「中青葉丘陵ルートマップ」を探し出し参考にする。http://satoyama.obunko.com/00special/imgfile/001nakaaobaMap.html ただし、このルート図は2009年以降は改定されていないようで、その後変わったところもあるだろう。
仙台市太白区秋保町の向泉寺をカーナビに入れて出発。山形蔵王ICから宮城川崎ICまで高速を使い、その後釜房ダムの堰堤を通り、秋保温泉に向かう先週と同じルートを通る。秋保温泉から県道62号を西に向かい、向泉寺に到着。寺の入口の大きな駐車場に駐車する。
どこから山に入るのか分からなかったが、とりあえず本堂に向かう
画像
本堂の左側の墓地に「愛宕山参道」の標識がありここを進めば良いようだ
画像
墓地の奥に参道入口、すぐ上にはイノシシ避けの柵がある
画像

柵を開けて入ろうとしたが、うまくいかないので結局乗り越えた。参道には倒木が多い
画像
急坂を回り込んで山頂到着。山頂には愛宕神社がある
画像
参拝してから北側に下ると登った時の道から続く道に出た。笹はしっかりと刈払いされている
画像
尾根伝いに道が続き、急坂をジグザグに登ると大旗山に到着
画像
大旗山は、城跡らしく山頂部が掘りこまれている。
北に向かう踏み跡に進む。少し笹が被さるが道はしっかり付いている
画像
すぐに「奥大旗山」(ガイドマップでは後大旗山)
画像
奥大旗山からの下りにはロープが付いている
画像
急な下りではロープにゴルフボールが付いている
画像
急坂の下りが終わるとなだらかな広い尾根になり踏み跡がはっきりしないので適当に下り作業道に出た。作業道を西に50m程歩いたら大旗山登山口の標識があり、こちらに下るのが本当だった
画像
広い作業道を登る。正面に鈴ヶ森
画像
作業道はスモモ峠(表示なし)から少し下って「鈴ヶ沢コース」に合流するが、その手前で鈴ヶ森に向かうかすかな踏み跡を見つけ直登する。途中に岩場があり、岩の間を登る
画像
踏み跡は不明瞭で適当に上を目指し鈴ヶ森に到着
画像
2017.11.22に来た時には山名標識はなかったが、新設されていた
画像
鈴ヶ森で休憩し、どのコースを下るかを考えたが、通ったことのないコースにしようと思い、東に進んでからヒバ森コースを下ることにする。途中で五郎山に寄るつもりだったが、何となく五郎峠を通過してしまい、長峰縦走路を東に進み、幅広い尾根になってからは適当に林内を上り岩垂山に着く
画像
途中にあったはずの「ヒバ森コース」の分岐に気付かずに岩垂山まで上ってしまったので、岩垂山から戻るときには、きちんと道をたどる。岩垂山への本来の分岐
画像
分岐から西に向かうと、南に向かう分岐があり、標識類はないがヒバ森コースと判断して進む。しばらく東寄りにトラバースするので、間違えたかなと思ったが、南に延びる尾根に入ったので間違いないようだ。踏み跡はしっかりしているが、笹が被さり、歩く人は少ないのだろう
画像
ちょっとした突起に登るがここがヒバ森だろう
画像
笹を掻き分けながら下ると笹の少ない広い尾根に変わるが、踏み跡を外したようではっきりしない。下には林道があるはずなので、尾根をまっすぐ下ったら林道ののり面がガケで下れない。上流側に迂回したら何とか下れるところに出た。赤テープがあるので通った方がいるのだろう
画像
林道を下り、先ほどのガケを見上げるが無理しないでよかった
画像
林道は倒木があり車は通れない
画像
この沢は李沢というらしいが、多くのため池がある
画像
ため池からは車が通れる道になる。間もなく左に「ベコ尾根コース入口」
画像
さらに下ると板颪峠(いたおろしとうげ)の入口
画像
林道入口にはイノシシ避けの柵がある。ストッパーを外して通過し元に戻して撮影
画像
間もなく集落を通る車道に合流する。向かいの山は長袋の楯山
画像
車道を西北に向かうと、雪をかぶった大東岳が見える
画像
ルートマップで秋保幼稚園となっている施設がある。帰宅後に調べたら、移転して「あきう幼稚園」に変わったようだ
画像
向泉寺の駐車場に戻る
画像

車を出し、駐車場から西に向かったらすぐに国道457号に出た。北に向かうと、白沢峠の戸神山登山口に1台停まっていた。富上山は1月に来る予定だがそのころの雪はどのくらいあるのだろうか?そのまま車を走らせ、国道48号に合流する。作並温泉に入る前の蕎麦屋「どうだんの里」で昼食を食べ帰宅する。
思いがけない道があったり、薄い踏み跡だったりと里山歩きの楽しさが味わえた。板颪峠コースなどまだ歩いていないコースがあり、また来ることになるだろう。
コースタイム 向泉寺9:04→愛宕山9:20→大旗山9:49~54→奥大旗山10:01→鈴ヶ森10:51~11:01→岩垂山11:32~34→ヒバ森11:55→林道12:13→集落の車道12:49→向泉寺13:13
GPSトラック 沿面距離9.9Km 所要時間4:09 累積標高差±637m(青線が今回のもの、クリックで拡大)
画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック