四方峠~松尾観音堂 その2 松尾観音堂へ  2019.02.26

四方峠を後に、四方坂標柱から尾根伝いに東に延びる古い林道に入る
画像
車は通れないようだ
画像
山頂らしいところの北側を巻いているようなので、古い車道から外れて登ると、三等三角点「秋山」352.15mが確認できた
画像
ヤブを北側に下り、先ほどの車道に合流したが、笹が被さる
画像
廃道には細い木が茂り、イバラ類が酷い
画像
笹やイバラのヤブを下りて車道に合流する。車道を進むと十字路になる
画像
十字路には送電線(蔵王幹線)の標識があるので、十字路を直進し、送電線巡視路に入る
画像
少し進んで振り返ると青麻山が見える
画像
十字路から6~7分で179番鉄塔に出た
画像
南蔵王が見える
画像
巡視路は北東へと延びる
画像
下ると小さな沢を越える
画像
登って180番に出る。179を振り返る
画像
180から下り、沢を木の橋で渡り、林道に出る
画像
この林道は、先ほどの十字路から左に進むと来るようだ。帰りは林道を通ろう。
林道を上の方に進むと間もなく181への入口
画像
181番鉄塔
画像
181から下りになり沢に出る。橋が架かっている
画像
182番鉄塔は右側を通過
画像
尾根を進まずになだらかに下り、上ると184番鉄塔
画像
次の標識で迷った。右の185は行止りと考え左の186の方に進んだ
画像
しっかりした道だ
画像
しかし、どんどん北に下るので違うと判断して戻り、185番に進む。115番の写真は忘れたが、蔵王町への標識がある
画像
標識の所から北に下るのが、通行禁止のハイキングコースのようだ。標識から直進する道は、左に立入禁止、右に185番鉄塔の立入禁止があり、その間の細い通路を進む
画像
擬木の手すりがあり、旧ハイキングコースに間違いないが、手入れしていないので笹が被さる
画像
松尾観音堂に到着。2008年に来た時には、屋根全体にブルーシートが架けてあったが、それもボロボロだ
画像
内部の扁額、野馬追のものらしい
画像
「町指定文化財 松尾観音堂」の説明版
画像
説明版の所で昼食休憩をとり戻る。184鉄塔から先で伝いの踏み跡をたどったり、行きでは脇を通った182鉄塔に寄ったりはしたが、ほぼ同じ道を戻り、林道に出る。林道に出たところから左に下れば180番に続く巡視路に入るのだが、林道を上に向かう
画像
9:24に通った十字路に出る
画像
十字路を右に進むと少しの間往路と重なるが、そのままうねうねと林道を進み、秋山三角点の南の尾根を過ぎる。25000地図に南西に向かう破線の道が書いてあるので入ったが、ヤブが酷く少し戻って、三角点から南に向かう林道の支線?に入る。そのまま進むと駐車場よりもかなり下に行きそうなので、南西側の枝道に入る。この道は植林の作業道のようでヤブが酷いが、掻き分けながら杉林の中を下る
画像
広域農道のループの途中に出た。車が見える
画像

コースタイム 駐車場8:00→四方峠8:25~41→三角点「秋山」8:50→林道十字路9:24→179鉄塔9:29~32→180番鉄塔9:44→林道から181への入口9:55→181番鉄塔9:59→182番鉄塔10:08→183番鉄塔10:18→184番鉄塔10:26→185番鉄塔10:44~50→松尾観音堂10:59~11:14→林道から181への入口11:57→林道十字路12:19~22→駐車場13:08
GPSトラック 沿面距離13.0Km 所要時間5:08 累積標高差±841m(青線が今回のもの、クリックで拡大)
画像

帰りの車での移動は「その3」に記載

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック