金峯山 青龍寺から参道コース 「やまがた百名山」 2018.03.29

午前中に「日本国」に登り、午後からは「金峯山」だ。「やまがた百名山」では、金峰山(金峯山)「きんぽうさん」となっているが、市の方で国土地理院に申請して、正式に「金峯山 きんぼうざん」に変更されたというニュースが数日前の新聞に載っていた。
金峯山には、1995.11.22に中の宮から往復して以来、ろいろな方向から計5回登ったことがある。
今回は、青龍寺からの参道コースを登る。車で中の宮まで行けるので通る人は少ない。自分も初めてだ。
入口には「やまがた百名山」の案内図がある
画像
参道入口に駐車し「祈りの金峯山 古碑のみち」に入る
画像
すぐに「禁酒の瓶」
画像
古い石碑が立ち並ぶ
画像
桜谷神社
画像
厳島神社
画像
随身門
画像
随身門の先で車道終点に出る
画像
中の宮からの登り
画像
八幡神社のあたりから雪が出てきた
画像
須佐之男神社
画像
少年自然の家への分岐、このコースは通ったことがない
画像
八景台から母狩山
画像
山頂の古峯神社
画像
山頂トイレは冬季閉鎖
画像
三角点(雪で分からない)のある展望台に行く。鶴岡市街と奥には鳥海山
画像
右側には月山
画像
中の宮まで同じ道を下り、中の宮からは車道を下る。うねうねと下る途中で電線の通る道を見つけ、下りたら桜谷神社の所に出た。後はすぐに駐車地に戻る。
山頂は神社のある所で471m(三等三角点は458.11m)で、これは山形の千歳山と同じだ。千歳山は雪がないので、そのつもりで登ったが、雪が残りスパッツが必要だった。
コースタイム 参道入口13:22→中の宮13:55~57→金峯山14:29~39→中の宮15:00→参道入口15:22
GPSトラック 沿面距離5.1Km 所要時間2:00 累積標高差±456m
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック