徳網山「やまがた百名山」No.81  2019.05.25

徳網山(小国町)788m「やまがた百名山」No.81 2回目
高ツムジ山693m十分一山482m「やまがた百名山」No.90 (記録してあるのでは3回目)
徳網山にて
画像

登山講座OB会の5月企画は、小国町の徳網山だ。3月に白太郎山に行った時に、ぜひ登りたいという話があり今回の企画になった。自分はまだ「やまがた百名山」が選定される前の、2007.11.10に登って以来で、十数年ぶり2回目になる。
山形のジャバを6:00に車5台で出発。徳網山山頂で昼食休憩にしたいので、時間調節もあり、途中で「高ツムジ山・十分一山」に寄る。「高ツムジ山・十分一山」は「やまがた百名山」No.90に選定されたが、山頂まで車で行けるので、わざわざ企画するまでもないのだが、今日の参加者は行ったことがないというので、立ち寄った。
山形から国道13を南下し、鳥上坂の手前で「南陽スカイパーク」の看板があり、左折して細い道を進む。十分一山テイクオフポイントからは舗装されていない道になるが、普通車でも走れる。終点が高ツムジ山テイクオフポイントの駐車場だ。駐車場から20m程で山頂で、登山の対象ではないが素晴らしい展望が楽しめる。
朝日連峰
画像
南陽市の市街地と奥に飯豊連峰
画像
山頂から車で下って「十分一山展望台」にも寄ったが、木が茂り白竜湖は見えない
画像
この展望台付近に黄色い花が多数咲いていた。帰宅後に調べたら、「セイヨウミヤコグサ」と思われる
画像

さらに車で移動し、道の駅飯豊と小国駅でトイレ休憩をとり、小国町五味沢に向かう。五味沢の集落を過ぎ、荒川を西に渡ってすぐに左の林道に入り、登山道入口の駐車場に着く。車5台を停めるとあと1台程度で満車だ。
準備してスタートして5分ほどで、GPSの電源入れ忘れに気付いた。このごろミスが多いのは年のせいかな。
スギ林からブナ林に変わり、衣服調節のために休憩。今日は5月なのに30度を越す予報で、熱中症が心配だ。30分程度ごとに休憩にして、休むたびに水分取得を勧める
画像
展望のない上りだが、ようやく山頂が見えてきた
画像
登山道の両脇にヤブツバキが咲いている
画像
緩急を付けながらブナ林の登りが続く
画像
先頭を歩き振り返ると左後ろに飯豊連峰が見えてきた
画像
登山道の両側が切れ落ちた急登の個所を過ぎ、山頂到着。三等三角点「徳網山」787.82m
画像
北側のパノラマ
画像
大朝日岳方面を拡大、左に大朝日岳と中岳・西朝日岳、右に平岩山・大玉山
画像
パノラマ写真の右に白太郎山とその後ろに祝瓶山
画像
パノラマ写真の左側には、大朝日岳から北側の県境稜線が手前の巣戸度山に隠れながら見えている。左端の雪の峰は以東岳かな?
画像
山頂での昼食休憩
画像
南側のパノラマ
画像
飯豊連峰を拡大、中央左に北股岳
画像

下る途中で4~5名の方とすれ違い、登山口に戻る
画像

登山口には、我々の車以外に車1台と電動自転車が停まっていた。
白い森交流センターりふれで入浴してから帰宅。南陽高畠ICから山形上山ICまで、4月に開通した高速を使ってみた。さすがに早く快適な道だった。
コースタイム 登山口9:05→400m付近(衣服調節)9:24~27→525m付近9:55~10:00→650m付近10:30~35→徳網山11:10~56→650m付近12:29~33→490m付近13:03~07→登山口13:31
GPSトラック 沿面距離5.7Km 所要時間4:26 累積標高差±642m(青線が今回のもの)
画像
帰宅後に分かったのだが、徳網山には、来週の土曜日(6月1日)に小国町の朝日連峰山開きの4コースのうちの1つとして登ることになっていた。山開きにかち合わないで良かった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック