宇津峰(阿武隈山地 1日に4山の①) 2020.01.13

今年は雪が降らず、山形でも雪がない。これならば、県内の山歩きもできそうだが、雪の季節に登ろうと考えていた阿武隈山系の山に行く。
山形を5:30に出発。まだ暗い。カーナビに最初に登る予定の宇津峰登山口の「須賀川市市民の森」を入れて出発。山形蔵王ICから、山形道・東北道経由を指示していたが、無視して米沢経由東北中央道を通る。栗子トンネルを通り、東北道に入り、郡山ICで高速を下りる。
郡山から国道49号を通り、途中で県道141を経て、須賀川市民の森に行く。しかし、市民の森の入口付近で、より山頂に近い宮田口に変更した。登山口まで舗装道が続く。登山口らしい鳥居が見えたところで左に10台以上が停められる駐車場があるので駐車するP1130002.JPG短時間で往復できるだろうと思い、ウエストバッグで出発。車道終点の鳥居から登山道が始まるP1130003.JPG手すりの付いた遊歩道だP1130004.JPGすぐに「こかげ広場」に出る。トイレありP1130006.JPG石段を登るP1130007.JPG山頂らしいP1130009.JPG山頂の鳥居P1130010.JPG石碑には「史跡宇津峯」となっているが、南北朝時代の南朝方の城跡だったそうだ。
鳥居から入ると石祠が並ぶがここが千人溜(せんにんだまり)P1130011.JPGさらに東に進むと東屋があるP1130012.JPG一段高い所に石碑P1130013.JPG二等三角点「雲水峯」676.65mP1130015.JPG下りで郡山市と須賀川市の境の尾根に続く道に入ったが、登山口から離れそうなので戻り、上りと同じ道を下る。(そのまま下り、途中からこかげ広場に出ることもできたらしい)
もうすぐ登山口だP1130021.JPG登山口には「宇津峰山総合案内図」があったP1130022.JPGここまでの道は「福島県道233号 雲水峰・江持線」だった。「雲水峰」にはUzumineとなっており、いろいろな呼び方がある様だP1130023.JPG
コースタイム 登山口駐車場7:59→こかげ広場8:05→宇津峰8:25~28→こかげ広場8:49→駐車場8:54
GPSトラック 沿面距離2.0Km 所要時間0:55 累積標高差±215m1宇津峰 GPS.jpg下山後、一盃山に向かう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント