筑波山 白雲橋コースを登り、御幸ヶ原コースを下る 2020.02.07

筑波山 女体山877m 男体山871m 2回目 日本百名山
筑波山には2001.07.01に、つくば市での研修の折に登った。しかし、この時は普段着で何の装備も持たず、ケーブルで御幸ヶ原まで行き、男体山と女体山までそれぞれを往復して、ケーブルで戻るということで、登ったという印象はない。
今回は、ケーブルやロープウエイは使わず、白雲橋コースを上り、御幸ヶ原コースを下る計画だ。
異常に雪が少ない冬だが、立春を過ぎてから冬型が強まってきた。ここ数日は続くようだ。ということは関東では冬晴れが続くようだ。
山形を出たのは、3:00と異常に早いが、高速道の夜間割引を使おうというせこい考えからだ。山形蔵王ICから高速に入り、吾妻PA,安達太良SA、那須高原SA、上河内SAで休憩・仮眠する。冬用のシュラフを使い、寒くはない。東北道での休憩は都賀西方PAが最後で、栃木都賀JACから北関東道に入り、壬生PAで休憩してから、桜川筑西ICで高速を下りる。高速道で正面右に見えるのが筑波山だろうP2070106.JPG神社の門前町に入ると大鳥居前の交差点に、市営第3駐車場の案内があり、左折するP2070107.JPG駐車場着8:50
駐車場には500円払わないと入れない。トイレもあるP2070109.JPGトイレのすぐ下側に近道があるP2070110.JPG筑波山神社に入り、最初に随身門P2070114.JPG随身門の奥に拝殿があり、安全登山を祈願するP2070115.JPG拝殿の東側に進み白雲橋を渡るP2070116.JPGすぐに鳥居があり登山道が始まるP2070118.JPG最初は舗装されているP2070119.JPG右に行くと迎場コースで「つつじヶ丘」のロープウエイ乗り場につながる。左の白雲橋コースに進むP2070121.JPG何も持たない単独の方2名に追い越された。自分はしっかりとした登山装備だがいらないのかな?
登山道はスギ林の中で石が点在しているP2070122.JPG白蛇弁天P2070123.JPG神社から1.1Km歩いたが、まだ1.6Kmある。思ったよりは急だし、常緑樹林で見通しは悪いP2070125.JPG登山口で2人に追い越されてから誰にも会わなかったが、弁慶茶屋跡に出たら多くの人が休んでいる。 ここは、つつじヶ丘からロープウエイを使わずに歩いて登ってくる道との合流点だP2070129.JPGベンチで休むと、霞ケ浦が見えるP2070130.JPG弁慶茶屋跡からは奇岩怪石が続く。弁慶七戻りP2070131.JPG高天原P2070132.JPG高天原の大岩の上に稲村神社P2070133.JPG「母の胎内くぐり」を通過して、陰陽石P2070134.JPG出船入船P2070135.JPG裏面大国P2070136.JPG北斗岩P2070140.JPG大仏岩P2070142.JPG女体山到着。社殿の左の「天の浮橋」を渡るP2070143.JPG一等三角点「筑波山」875.66mP2070144.JPG女体山の最高地点は三角点よりも少し高い877mとなっている。その岩の上からロープウエイ乗り場のつつじヶ丘方面P2070145.JPG西側には男体山、その右上に薄っすらと富士山P2070146.JPG女体山御本殿P2070147.JPG西に下るとすぐにガマ岩P2070149.JPG男体山と女体山の鞍部の御幸ヶ原に着くP2070152.JPGちょうど昼時だ。いくつかの茶店があるが、最初に声をかけてくれた「みゆき」に入る。昼食は「つくばうどん」P2070154.JPGP2070155.JPG御幸ヶ原から北側を見ると日光の山々P2070158.JPG振り返ると、たくさんの電波塔が並び山登りとしては興ざめだP2070156.JPG御幸ヶ原で昼食が取れるので登山の装備は不要なのだろう。
急な階段を上り男体山に到着P2070159.JPG男体山御本殿P2070160.JPG男体山から戻る途中で訓練の自衛隊の方20名ほどとすれ違った。
御幸ヶ原から筑波山神社に向かっての下り口P2070163.JPG急な階段の下りP2070165.JPG男女川の源流P2070166.JPG男女川の説明板。「筑波嶺(つくばね)の峰より落つる男女川(みなのがわ)恋ぞつもりて淵(ふち)となりぬる」
P2070167.JPG木の根が錯綜して歩きにくいP2070168.JPG上ってくる方と10人以上すれ違った。歩く人も結構いるものだ。
木の間からケーブルが見える。ケーブルならば8分とのことP2070170.JPGやっと下り終えた。鳥居から下った。左はケーブル乗場P2070172.JPG西側から筑波山神社拝殿に出るP2070173.JPG登るときには通らなかった神橋の脇を通過P2070176.JPG筑波山神社を後にするP2070178.JPG
コースタイム 市営第3駐車場9:07→筑波山神社拝殿9:19~21→白雲橋コース入口9:24→迎場コース分岐→弁慶茶屋跡10:44~50→女体山11:22~27→御幸ヶ原(昼食)11:43~12:02→男体山12:16~18→御幸ヶ原12:26→男女川源流12:45~48→筑波山神社拝殿13:40~42→駐車場13:53
GPSトラック 沿面距離7.9Km 所要時間4:46 累積標高差±840m20.02.07筑波山.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント