筑波山梅園 (筑波山から下山後) 2020.02.07

筑波山を下り、駐車場に着いた。駐車場の端に「筑波山梅林10分」という表示があるので行ってみようP2070180.JPGほぼ水平な山道を歩くP2070189.JPG梅林のベンチから紅梅と白梅P2070182.JPG藁ぶき屋根の東屋があるP2070186.JPG東屋からの展望P2070188.JPG梅まつりは2月15日からだが、今年は開花が早いようで十分に楽しめる状況だった。
駐車場に戻るP2070190.JPG
14:40に車スタート。今日の宿泊地は茨城県北部の大子温泉だ。カーナビにホテルをセットして国道125号を土浦に向かう。途中からの筑波山P2070191.JPG土浦北ICから常磐道に入り那珂ICで下りて、国道118号を常陸大宮市を経由して、大子温泉に行く。もうすぐ着くという辺りで「袋田の滝」の案内標識がある。明日寄ることにして、今日の宿の「ホテル奥久慈」に17:00に到着。なぜここにしたのかというと、山と渓谷社の「福島県の山」に記載されている八溝山(日本300名山)に登ってから帰るつもりで、付近の宿をネットで調べ、2食バイキング付きで税込み8400円という値段に惹かれたためだ。伊東園ホテルズの一つだ。倒産したホテルをチェーン化したようだ。
駐車場はほぼ満車で案内の方の誘導で何とか停めることができた。
ホテル入口(翌日撮影)P2080195.JPGフロントでチェックインし、8400円を払う。夕食は17:30~ということだが、まずは温泉に入ってからにしよう。
廊下は狭く殺風景だP2080194.JPG部屋は、ビジネスホテルのシングルという感じP2080193.JPG翌朝出発前に外から部屋を見ると、2回のこちらから3番目の部屋に泊まったのだったP2080196.JPG
温泉は2か所あり、男女入れ替えで、今日は本館B1の大浴場だ。すでに夕食時間であり、他に一人がいるだけだ。湯気がもうもうとこもっており、何も見えない。
入浴後、部屋に戻ってから、18:00過ぎに夕食会場に行く。他に100人近くいるようだ。食事の品数は宿泊料から考えたら良いのだろう。ビール・日本酒他の飲み放題まで付いている。最近飲めなくなったのは残念だ。いろいろと食べて腹一杯だ。
部屋に戻り、することもないのでWiFiが使えるというので持ってきたパソコンに、今日の写真とGPSデータを取り込んでから、ネットで明日の予定などを検索してから、早めに就寝する。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント