上山の西山(秋葉山・鷹取山・石倉山・経塚山・虚空蔵山)その2 2020.03.25

「上山の西山(秋葉山・鷹取山・石倉山・経塚山・虚空蔵山)その1」から続く。
石倉山で昼食休憩後、経塚山に向かう。踏み跡はかすかにあり、テープが付いているP3250098.JPG経塚山398m到着P3250100.JPG樹木越しに蔵王連峰、主峰の熊野岳あたりは昨日の新雪で真っ白だP3250103.JPG経塚山から遊歩道を下り、この標識から右(西)に向かうP3250106.JPGところがこの道は笹が被さるP3250107.JPG倒木の処理もなされていないP3250109.JPG左下に車道が見えるが、車道に沿って上流側に進んで、滝不動の上で車道に出たP3250110.JPG車道側から見ると単なる笹薮で道があるとは思えない。2019.12.16に滝不動から経塚山に向かった時に見逃したのも当然だろうP3250112.JPG滝不動に参拝しようP3250113.JPG滝不動の拝殿、滝名は末広滝P3250114.JPG末広滝の前に不動尊があるP3250115.JPG県道に戻り、上流側に進むとすぐに左に下り、橋を渡る。末広滝の左岸の県道から右岸に渡り、次の沢の左岸を」トラバースしていくP3250116.JPG沢の北岸を上流まで迂回し、南岸に渡ってから、虚空蔵山の東側を登山口に向かう。最初の登山口から登る。こちらは北平を経由する道だP3250119.JPG東正面から登る道と合流して山頂に向かう。ショウジョウバカマが咲いているP3250120.JPG白花も見かけたP3250121.JPG「でわのはごろもななかまど」山形県指定天然記念物でナナカマドとウラジロノキの雑種P3250122.JPG今日最後の山になる虚空蔵山に到着P3250123.JPG上山市外地を下に蔵王連峰の絶景ポイントだP3250124.JPG鐘楼には「早朝は鐘を突かないでください」となっているが、早朝ではないので突いてみるP3250127.JPG拝殿の扁額には亀岡山となっているP3250126.JPG帰宅後に調べたら、虚空蔵山の由来が見つかった。
応永年間初期(1400年前後)に、羽州探題で最上氏の祖斯波兼頼の曾孫里見満長が初めて着封、上山殿と称し虚空蔵山に山城を築いたのが始まりとされ、当時は高楯城または亀ヶ岡城とも云われた。

下って東側の登り口P3250131.JPG車道を歩き、国道の上の橋を渡って、上山市街に入り、駐車場に戻る。
コースタイム 駐車場7:38→秋葉山7:55→白禿山8:10~17→高新山8:26→孫市山(分岐)8:33~39→山神8:41→358m分岐8:50→鷹取山9:40~54→459m峰10:45→石倉山11:28~12:03→経塚山12:26~36→滝不動13:05→虚空蔵山13:47~58→駐車場14:31
GPSトラック 沿面距離11.5Km 所要時間6:52 累積標高差±915m(今回は青線)20.03.25上山西山(秋葉山・鷹取山・石倉山・経塚山・虚空蔵山).jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント