弥彦山から帰宅 2020.03.13の2

弥彦山から午前中に下山した。
温泉に入ってから帰ろうと思い、弥彦から北に10分ほどで日帰り温泉施設の「多宝温泉だいろの湯」というのを探した。
「だいろ」というのはどういう意味かと調べたら「カタツムリ」だそうだ。温泉のHPから転載 
江戸時代の作詞と思われるこの地で有名な岩室甚句では、庶民や百姓をかたつむりに例え、普段は角を出してじょんのびしているが、代官や役人が見回りに来たときは、殻の中に閉じこもる様子が歌われています

11:10に弥彦第一駐車場から車を出し、10分ほどで「だいろの湯」に着く。温泉の裏が多宝山だP3130222.JPG入館料は880円でタオルとバスタオルが付く。ロッカーキーを渡され荷物を入れるP3130218.JPG内湯と半露天風呂と露天風呂があり、それぞれ源泉が違うらしい。
なんと、カレーライスが無料提供されていたP3130221-1.jpgちょうど昼食時でありがたくいただいた。11:20~1時間ほど過ごした。
12:30前に出発して、一般道を1時間ほどで「道の駅新潟ふるさと村」に寄り、土産の笹団子を購入。新潟中央ICから高速に入り、豊栄PAで休憩。荒川胎内ICで高速を下り、道の駅関川で休憩。さらに道の駅飯豊で休憩して、17:00頃に帰宅した。2日間の走行距離は420Kmで運転には無理のない距離といえる。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント