小岳(白神山地) 東北百名山90座目 2020.09.02

小岳(白神山地) 三等三角点1042.52m 東北百名山90座目

1日に藤里駒ケ岳に登り、藤里町の「ゆとりあ藤里」で宿泊。天気予報では、今日も30℃を越える暑さが続くようだ。午前中には登山を終えたいのだが、朝食は7:00からなので、それほど早くは出発できない。
5:00頃に起床して、温泉に入り、登山の準備をする。部屋は、4つのベッドが並んでいるP9020123.JPG荷物を車に積んでから、7:00に朝食P9020124.JPG
食べ終えてすぐにチェックアウトして、7:17にスタート。フォレストラインを通り、素波里ダムの園地に行く。ここから粕毛林道が始まる。登山口までは20KmとなっているP9020127.JPGすぐに舗装は無くなり、悪路が続く。途中の12Km地点で「藤里駒ヶ岳 樺岱登山口」に続く樺岱林道が分岐する。小岳へはここを左に進むP9020129.JPG粕毛林道をさらに進むと大滝林道入口だ。ここから登山口までは7Kmとなっている。なんと大滝林道へは通行止めのテープがある。林道を7Km歩かなければならないかと思ったが、テープは簡単に外すことができた。車を入れてから、付けなおしたP9020130.JPG林道は悪路が続くが、なんとか終点まで走れた。林道終点には、5台程度の駐車場とトイレ(水洗、TPあり)P9020132.JPG林道を20mほど戻ったところが登山口P9020134.JPGソーラーの登山者カウンターがあるP9020135.JPGすぐに沢を越すP9020136.JPG登りが続き、鞍部を越えるとなだらかな道になり、沢に出る。水流があるので水場として使える。半分ほど飲んでいたペットボトルに水を足すP9020138.JPGブナ林の中、なだらかな登りが続くP9020139.JPGベンチと案内板がある。どうやらかつてはここから小岳山頂が見えていたらしいが、いまはヤブに隠れているP9020140.JPG案内板はかすれてほとんど読めないが、小岳まで1Km45分となっているP9020141.JPG新道の分岐に出たので休憩P9020144.JPG急坂に変わるP9020146.JPG低木林に変わり、振り返ると昨日登った駒ヶ岳が見えるP9020147.JPGようやく山頂が見えてきた。日差しが強いP9020148.JPG左に石祠があるP9020149.JPG石祠の5m程先が山頂だP9020150.JPG山頂標識の下に、三等三角点「小岳」1042.52mP9020151.JPG山頂から西側の展望。二ッ森と白神岳方面P9020152.JPG北には岩木山P9020154.JPG誰もいない山頂でセルフタイマーP9020156-1.jpg日差しが強すぎる。熱中症にならないように、水分を補給して下る。新道分岐からは新道に入る。なだらかなブナ林の下りだP9020161.JPG次の標識から、尾根から右に下るが、急になり木の段が付いているP9020163.JPG次の標識からなだらかに変わるP9020165.JPGどうやら昔は林道だったらしいP9020167.JPG登山口に戻るP9020169.JPG戻ったのが12:08だから午前中に登り終えたいというのはほぼ達成できたのだろう。
コースタイム 登山口8:47→水場9:28~33→新道分岐9:52~59→小岳10:32~44→新道分岐11:07~13→登山口12:08
GPSトラック 沿面距離5.7Km 所要時間3:20 累積標高差±507m9.02小岳 地図.jpg車で7Km走った大滝林道入口には1台駐車していた。自分が入った後に来て、通行止めで駐車したらしいP9020171.JPG林道は20Km/h程度でしか走れない。素波里園地で舗装道に出て、ホッとする。山よりも運転で疲れるようだ。園地の展望台に登ってみるP9020175.JPG園地で休憩してから、13:45にスタート。山形まで長距離運転になる。まず、藤里町藻琴でGSを探して4000円分を給油。国道7号を経て、二ツ井白神ICから高速に入り、八郎湖SA,太平山PA,西仙北PAで休憩し、道の駅雄勝で休憩。近くの「ほっと館」で入浴400円。17:31に出て、新庄のコンビニで夕食を購入し食べて、道の駅尾花沢で休憩。自宅着は20:30だった。

今回で、白神山地の東北百名山5座を登り終えた。白神岳(2018.09.02)天狗岳(2020.08.03)田代岳(2020.08.04)駒ヶ岳(2020.09.01)小岳(2020.09.02) この中では白神岳が最も良かった。天狗岳と田代岳は天気がいまいちであまり印象に残らなかった。今回登った駒ヶ岳と小岳は、共にブナの樹林帯を上り、山頂付近で低木林に変わり、山頂からの展望が得られるという山で、同じような印象がある。歴史的に見ても小岳は最近になってようやく上られるようになった山のようだ。登山口までの林道の整備状況から見ても百名山に入れるには少々疑問が残った。
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント