黒森山 南陽市小滝から 2020.11.25

黒森山という名前の山はあちこちにある。今回登ったのは、南陽市と上山市の境界にある810.7mの山だ。今まで2回登ったことがある。2014.02.02には西側の南陽市赤山から、2016.02.11には北東側の上山市元屋敷から登った。両方ともスノーシュー利用で、雪のため三角点は確認できなかった。今回は、雪のない時期に登山道があるかどうかと三角点の確認が目的だ。
山形の自宅から約25Km、南陽市小滝から東の林道に入り、烏帽子山方面への分岐に駐車するPB250001.JPG写真の奥の方に登るがまだ車が入れるPB250002.JPG廃鉱山の残差か、土砂崩れの対策か?PB250003.JPG送電線の下を通る。この送電線は地図にないPB250004.JPG送電線の後ろに見える白鷹山を拡大した。左端の峰にレーダードームPB250005.JPGこの標識で送電線は「南山形幹線」と分かったPB250006.JPG実は帰路に19番鉄塔からこの標識に下りてきた。ここから巡視路を登るのが良かった。
そのまま車道を進んで20番鉄塔に出たPB250007.JPG20番鉄塔と朝日連峰PB250009.JPG朝日連峰を拡大PB250010.JPG鉄塔から先には進めないので、100m程戻って東側のヤブに入るPB250011.JPG尾根に出たら踏み跡があるPB250012.JPG標柱が付いている(市境の標識かな?)PB250015.JPGピークに出た。675m程度だ。東に踏み跡と切開きが続くので東に下るPB250014.JPGところが踏み跡は途中で消え、そのまま下ったら沢に下りそうだ。沢に下りる所も対岸の登りも急な崖になっている。上流側に進んだが、下りられないので元に戻る。675m峰に戻って休憩。地図とGPSで確認して市境尾根を南に進み、19番鉄塔に出たPB250016.JPG19番鉄塔から朝日連峰、右側で光が当たっているのが以東岳PB250017.JPG19番鉄塔の標識PB250018.JPG鉄塔には西側から車道が伸びているが、東側の切開きを下ると、すぐに車道が見えるPB250020.JPG車道に出ないで尾根を進むと「平成31年間伐」と書いてある。今年だろうが間伐した様子はないPB250021.JPG低木の枝がうるさいが標識が続いているPB250022.JPGもうすぐ山頂だろうPB250023.JPG山頂部は平らで三角点が探せない。ウロウロと歩き回ってやっと見つけたPB250027.JPG二等三角点「黒森山」810.72mPB250024.JPG昼食休憩を取り、セルフタイマーで撮影PB250025-1.jpg下山は、黒森峠までは上りと同じコースだが、テープに惑わされて間違ったりする。
黒森峠から車道に出るPB250029.JPG19番鉄塔への車道には車止めがあるが、歩いて行く分には問題ないでしょうPB250030.JPG19番鉄塔から送電線巡視路に進むPB250033.JPG巡視路に特有のプラスチックの土留めPB250034.JPG PB250035.JPG登ってきた車道に出るPB250035.JPG20番鉄塔の手前から巡視路を登って19番鉄塔に出れば楽なコースだったようだ。
黒森山は山頂からの展望もないので、お勧めの山とは言えない。また、結構ヤブがあるので自分のような「もの好き」向きだろう。
(追記)帰宅後に調べたら、送電線の南山形幹線は2015.06.01工事開始、2017.12.11運用開始となっていた。前に登った時はまだ無かったのでした。
コースタイム 駐車地8:→20番鉄塔8:47→675m峰9:07→東側に間違えて戻る→675m峰9:47~55→19番鉄塔10:09→黒森峠10:18~20→黒森山10:53~11:12→黒森峠11:41→駐車地12:16
GPSトラック 沿面距離6.6Km 所要時間3:54 累積標高差±615m(今回は青線)11.25黒森山.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント