立石から鬼形山周回(宮城県丸森町) 2018.12.13

立石(スケール代わりに右下に自分)
画像

冬型の気圧配置になると、山形県側は悪天候でも宮城県側は好天になることが多い。そんな時期を利用して、宮城や福島の低山に登っている。宮城県の最南部に当たる丸森町の山も、「宮城県の山」に掲載されている鎌倉山、岩岳、夫婦岩、鹿狼山に登り、記載されていない堂平山、羽黒山、天明山などにも登った。さらに丸森町の山を調べたら、さらにいくつかの気になる山が見つかる。その中で、鬼形山はなんで鬼という名が付いたのか、頂上に「鬼岩」があるというがどんなのだろうか?
登山道は無いようなので、登るルートを考えたら、鬼形山の北西側に「立石」という町の天然記念物があるのに気付いた。25000地図では、立石から鬼形山の近くまで破線の道があるので、そこを歩けば行けると考えた。
山形から村田ICを経て、丸森町に向かう。丸森町の国道113号から右折して羽入地区に向かう。羽入集会所の前に標識のある分岐
画像
標識を拡大、ウオーキングコースが整備されているようだ
画像
羽入集会所から東に向かう道を進む。登山口標識を見逃して峠付近まで行って戻り、火薬庫付近に駐車する。馬頭観音石碑
画像
火薬庫
画像
50m程東に進むと登山口
画像
登山口から南に進み遊歩道を歩く
画像
伐採地に出ると上に立石が見える
画像
尾根に出ると「中間地点 あと173m」の標識
画像
「立石まであと62m」
画像
立石到着
画像
立石の説明版 高さ12.3m周囲25.1mの花崗岩で昭和41年に町の天然記念物に指定された
画像
立石を一周する。ウオーキングコースは立石から西に下るようだ。自分は東に進む。立石を振り返る
画像
かすかな踏み跡に変わる
画像
何カ所もの倒木があり乗り越しに四苦八苦
画像
北東側から伸びている荒れた林道に出る。ヒバ林内は下草もなく歩きやすい
画像
道はほとんどなくなり、笹薮を漕ぐ
画像
鬼形山近くでは、松枯れの伐採跡と思われるところに薄い踏み跡が付いている
画像
山頂到着、三角点周囲は刈り取られている。二等三角点 点名「大沢山」262.39m
画像
三角点の東側に「鬼岩」
画像
三角点から北側の展望
画像
山頂で行動食を食べ下山にする。
ちゃんとした道は見つからない。どこを下ろうか考えて、山頂に登るときに見つけた北側に下る踏み跡をたどることにする。ところがこの踏み跡も笹やイバラが被さる
画像
少し下ったら伐採の為の道と思われる道跡に出たが、道には松が茂る
画像
沢筋まで下りたら、ちゃんとした道に出た
画像
車道に合流
画像
墓地の下側を通り「金龍山瑞雲寺」入口
画像
瑞雲寺のすぐ北側で「←工女墓 立石」標識から西に上る
画像
道の両側に墓のある舗装道を登ると舗装がなくなり下りになる。下る途中から前を見ると、山頂部にアンテナのある山が見える。次郎太郎山だろう
画像
すぐに駐車地点に到着。
コースタイム 駐車地点9:44→立石登山口9:47→立石9:58~10:08→鬼形山11:53~12:03→瑞雲寺前12:52→駐車地点13:23
GPSトラック 沿面距離6.7Km 所要時間3:38 累積標高差±662m(クリックして拡大)
画像

"立石から鬼形山周回(宮城県丸森町) 2018.12.13" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント