火打山・妙高山 2日目 火打山往復(黒沢池ヒュッテ泊) 2019.08.18

火打山2461.7m 日本百名山49座目
登山口の駐車場で車中泊をした。夜中に車が着いて何度か目覚めたりもしたが、何とか必要な睡眠はとれたようだ。4時過ぎに、ヘッドランプを付けて歩き出す人がいて、自分も準備し、簡単に朝食を済ませる。昨夜のうちに書いておいた入山届を出して、ヘッドランプがなくても歩けるようになった4:47に出発。
まだ薄暗いが樹林帯の中に木道が続き、足下の心配はないP8180035.JPG笹ヶ峰遊歩道の分岐を通過P8180037.JPGなだらかな登りで2/9の標識を通過。この辺はブナ林だP8180038.JPG黒沢橋を渡って最初の休憩P8180039.JPG「十二曲り」に入るP8180040.JPG「十二曲り」を終えて2回目の休憩P8180041.JPG1900m辺りからはオオシラビソの樹林帯に入るP8180044.JPG富士見平に到着。右への道は「黒沢池ヒュッテ」に続く道で帰りにたどる予定だ。ガイドマップには「富士見平から南側には黒姫山とその上に富士山が見える」と書いてあるが、黒姫山も見えないP8180045.JPG尾根に出て、黒沢岳の西面をトラバースする道を進むと火打山が見えてきた(左端は焼山)P8180048.JPG
高谷地ヒュッテに到着。工事中かな?P8180049.JPGヒュッテ前のベンチで休憩P8180050.JPGベンチから高谷地の湿原とその上に火打山の頭が見えるP8180051.JPGヒュッテから東側に回ると黒沢池への分岐だP8180053.JPG高谷地の北側に回り込むと高谷地とヒュッテの眺めが良いP8180055.JPG天狗の庭へ続く木道。火打山も大きくなってきたP8180056.JPG高山植物は終わりかけだ。
イワイチョウP8180057.JPGミヤマアキノキリンソウP8180060.JPGイワショウブP8180061.JPGシロバナニガナP8180059.JPG天狗の庭P8180062.JPG池塘に写る火打山P8180065.JPG天狗の庭を過ぎるとまた急登になる。後ろを見ると山頂部に雲がかかっているのが妙高山だろうP8180067.JPG急登は花でも見ながら黙々と登りましょう。イワシャジンかなP8180068.JPGこれがミョウコウトリカブトかなP8180078-1.jpgヤマハハコP8180079.JPGウサギギクP8180074.JPGライチョウ平に着くと急登も終了P8180073.JPG火打山は多くの登山者で賑わっていたP8180075-1.jpg P8180077.JPG 天狗の庭に戻るP8180085.JPG高谷地をもう一度P8180087.JPG高谷地ヒュッテの北東側の分岐P8180088.JPGモミジカラマツP8180084.JPGウメバチソウP8180090.JPGGPSが電池切れで交換のため休憩してから「茶臼山」に着くP8180091.JPG
スタート時には、予定より早く出て、今日のうちに妙高山まで登りたいという考えもあったのだが、少々暑すぎる。茶臼山の時間から見ると、時間的には大丈夫そうだが、体力的・気力的に無理だ。妙高山は当初の予定通りに明日の朝に登ることに決める。
黒沢池に向かうと、雲間越しに妙高山が見える。左の雲の中に黒沢池ヒュッテも見えるP8180094.JPG黒沢池とヒュッテを拡大P8180095.JPG黒沢池ヒュッテに到着。8角形のドームが特徴だP8180097.JPGチェックインは15:00からとなっていて、2時間近くあるがベンチで日陰を探して休憩P8180100.JPG14:45頃に入れてくれた。2食付き9500円だ。指定は3階で、ヒュッテの屋根は8角形だが、その1辺に3人ずつ、合計24名が定員でかなり余裕があるP8180102.JPG17:50から食事。山小屋の食事だからこんなものでしょう。ごはんとみそ汁はお代わりできたP8180103.JPG夕食が終われば、後は寝るだけだ。20:00消灯でした
コースターム 登山口4:47→黒沢橋5:42~50→十二曲り上6:19~24→富士見平分岐7:16~24→高谷地ヒュッテ8:06~15→天狗の庭8:36→ライチョウ平9:14~21→火打山9:58~10:08→ライチョウ平10:34→天狗の庭11:02→黒沢池分岐11:24~26→茶臼山手前(電池交換)11:50~54→茶臼山12:08~33→黒沢池ヒュッテ13:07
GPSトラック 沿面距離14.3Km 所要時間8:20 累積標高差+1445m-758m(青線が18日、赤線は19日)火打山 地図.jpg

"火打山・妙高山 2日目 火打山往復(黒沢池ヒュッテ泊) 2019.08.18" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント