テーマ:福島県

花塚山 北限の富士山は? 2020.01.25

花塚山918m 二等三角点 点名「巌部山」918.23m  2回目 富士山が見える北限の山とされている花塚山へは2019.01.04に一人で登った。今回は登山講座OB会の1月企画として14名を案内する。前回と登りは同じだが、下りで北峰から堅岩を通り、峠の森登山口に向かうコースにした。 車4台に分乗して山形を出発。山形上山ICから高速…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

喜多方・会津若松 2019.11.26~27

今回はかみさんと一緒に、ゆこゆこネットで予約した会津若松東山温泉の東鳳に宿泊で、その前後に観光地などを巡る計画だ。 26日 山形発9:30頃で、山形上山ICから高速に入り、米沢北ICで下りて、道の駅田沢と道の駅喜多の郷で休憩する。早めの昼食に喜多方ラーメンを食べる予定だ。11:00過ぎにお目当ての「坂内食堂」に着いたが、駐車場が満車だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花見山公園(福島市)  2018.04.02

今日は特に予定はなく、いつものように盃山の散歩を済ませた。朝食時に、福島の花見山公園が見ごろを迎えているらしいので行ってみないかと誘い、カミサンと行くことにした。自分も初めてだ。 山形を10:00に出て、栗子の無料高速道を使い、臨時駐車場の「あぶくま親水公園」に12:00過ぎに着く。ここからシャトルバスが出ている。環境整備協力金500…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

隠津島神社~木幡山~羽山 往復 2016.12.24

口太山ブログから続く 展望台から安達太良山・吾妻連峰 口太山から下り、駐車場で早めの昼食にしてから車で移動する。国道349に出て南に進み、トンネルの手前で右に折れ、峠を越えたところに「隠津島神社→」があり、林道に入る。隠津島神社の駐車場に着く 「木幡の幡祭り」の案内があり、12月の第1日曜日に開かれ日本3大旗祭りらしいスタートして…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

口太山 2016.12.24

登った山 口太山842.3m 三等三角点「口太」 初登頂 続いて、木幡山666.1m~羽山 613mを往復する。 2006年12月に鹿狼山に登って以来、冬期間でも雪を気にしないで登れる阿武隈山系の里山に登っている。2011年3月の原発事故以降、ちょっと敬遠しがちではあるが、山と渓谷社の「福島県の山」などを参考にして登り続けている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

萬歳楽山と半田山(その2 半田山) 2016.12.10

半田山 一等三角点862.96mにて 萬歳楽山から降りて、車で半田山北登山口の駐車場に移動する。萬歳楽山付近では、車道に10㎝近い雪があったが、下るにつれて少なくなり、北登山口の駐車場には積雪はない。50台近く停められるような広い駐車場でトイレもある。雪がひどくなってきたので、行動中にはあまり休みが取れないと思い、時間的には早いのだが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

萬歳楽山と半田山(その1 萬歳楽山) 2016.12.10

登った山 萬歳楽山915m 三等三角点「万歳楽」898.4m       半田山863.0m 一等三角点「半田山」863.0m 萬歳楽山にて 登山講座OB会の12月企画は萬歳楽山と半田山だ。自分は萬歳楽山は2012.11.18に登ったが、半田山は初めてだ。他の皆さんは両方とも初めてだ。自分を入れて合計12名の参加。 6:00ジャ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

塩沢口から安達太良山・鉄山・箕輪山 (その2) 2016.10.27

低木の中を登り箕輪山に着く。山頂標識と吾妻連峰。左奥には飯豊連峰も見える西には磐梯山南には歩いてきた安達太良山箕輪山の三角点は100m以上東にずれた所にあるようだが、探索はしないで笹平に戻る。笹平から東になだらかに下ると水場付近で登ってきた二人とすれ違い、少し登りになったところで一人から追い越された。これから先は人とは会わなかった。15…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

塩沢口から安達太良山・鉄山・箕輪山 周回(その1) 2016.10.27

沼の平を見下ろす 8月の登山講座OB会の企画にしたのだったが、自分が風邪をひいてしまい中止したのだった。そろそろ紅葉も終わろうという時期になり、天気を確認して出かけた。 山形を出て、国見SAで朝食。(朝定食650とコーヒー100)福島西ICで高速を出て、国道115を西に進み、左折し国道459を南に進むと間もなく塩沢温泉への案内があり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more