亀割山(山形県新庄市)  2017.10.24

亀割山(かめわりやま)594m やまがた百名山No.37   2回目
 三等三角点「亀割山」593.83m・・・ヤブがひどく見つけられなかった
亀割山山頂広場(ここを山頂として良いだろう)後方は八森山
画像

午前中に金山町の鉤掛森に上り、午後から亀割山を目指す。2013.08.03に登ったことがあるが、瀬見温泉から登ったので新庄側からは初めてだ。
新庄から休場集落を通り抜け、広域農道に出て左折し、まもなく右折して林道に入る。林道は工事車両が通りドロ道だ。少し進むと登山口の標識があり、路肩に駐車する
画像

最初は杉林を上り、昔の峠道らしい掘割状の道になる
画像
さらに尾根の右側を登る急な道が続く
画像
上部では沢状の登りになるが、グショグショで滑る。右にヤブの多い道が分岐するが長尾口らしい
画像
長尾口が合流するとなだらかになり、瀬見温泉口と合流する。ここには山形県の無線中継局のアンテナがある
画像
直進すると瀬見温泉に下るが、左に「↑亀割山山頂広場3分」の方に入るとなだらかな道で山頂広場に着く。ここには「亀割山山頂広場 標高推計626m 東方三角点594mはヤブの中」という丁寧な標識がある。八森山を眺め休憩
画像
標識にある三角点を探そうと、ナビに入れて最初は瀬見温泉への下り道を進み、途中からヤブに入る。笹薮に灌木が絡むヤブを漕ぎ、三角点の位置まで行く
画像
結局見つけられずに戻る。あとは一気に下山のところ、上りでは見つけなかった五合目標識を見て、写真を撮ろうとしたら電池切れで交換。休憩時間のようになった
画像
あとはノンストップで登山口に戻る。
登山口15:00発で、道の駅尾花沢での休憩をはさんで、16:45帰宅。走行距離計198Km
コースタイム 休場口12:47→山頂広場13:49~56→三角点14:12~14→五合目14:36~40→休場口14:56
GPSトラック 沿面距離3.9Km 所要時間2:09 累積標高差±440m
画像

10/30追記
今日の山形新聞に、最上山岳会が亀割山の登山道を9月に整備した、ヤブを刈ったり、道標を付けたり・・・という報道があった。自分は、整備された後に行ったことになる。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

トシヒコ
2017年11月29日 18:56
新庄からはまだ行った事が無かったので大変参考になりました。
 三角点なかなか難しいですね・・・・
2017年11月30日 08:58
トシヒコ様 コメントありがとうございます。
新庄側の休場登山口からは初めてでしたが、地元の山岳会で整備してくれた直後で、思いがけず良い登山道でした。

この記事へのトラックバック