大境山 2017.10.28

大境山おおざかいやま1102mやまがた百名山No.88  初登頂
 二等三角点「大境」1101.50m
大境山にて記念撮影(自分以外の13名)
画像

「やまがた百名山」で登っていないのは2つになった。今日は、99座目として大境山に行く。このところグレーディング調査のための登山が多いが、今回は登山講座OBの皆さんとの月例登山で、男5女9合計14名。80歳から54歳まで平均年齢68歳の中高年登山だ。
車4台に分乗して、道の駅飯豊と道の駅小国でそれぞれ休憩して、県道260に入り、中田山崎の登山口に向かう。中田山崎のバス停の所に登山口標識がある
画像
県道の反対側には駐車スペースがあり、すでに2台駐車していたが、我々の4台も問題なく停めることができた。
登山口標識から、用水路の右側を進むか左側を進むか迷ったが、どちらを行っても大丈夫で、砂防堰堤のすぐ下の左に道標がある
画像
用水路の上を南に進むと、すぐに2つ目の道標があり登山道に入る
画像
湿地を過ぎて小沢を渡ると、ブナ林の尾根道になる。登りで体が温まってきた。30分ほど歩いて衣服調節のため休憩
画像
紅葉の中、急登が続く
画像
急な登りが続き、休む場所の選定に苦労するが、ちょっとした緩みで2回目の休憩。この先ではブナ林から低木に変わり見通しが良くなってきた
画像
左に飯豊連峰が見えてきた
画像
少しなだらかになったかなと思ってもまだ急登は続く
画像

県境に出て平らになったところで休憩。新潟県側の下りになり、水場になる沢を越す
画像
沢を越すとまた急登だ。一人とすれ違い、県境尾根に出て、また急登が続く
画像
ガスを使って昼食の方の脇を通り抜けると、山頂のような突起がある。上るとまだまだ先があるようで休憩。風が強いのでウインドブレーカーなどを着用。まだ急登は続くが、池塘のあるところでなだらかになる
画像
山頂到着
画像
三等三角点「大境」
画像
飯豊連峰の展望台だ。飯豊本山とダイグラ尾根
画像
飯豊本山から門内岳あたりまで
画像
朳差岳
画像
新潟側には大石ダムが分かり日本海まで見える。写真の真ん中に大石ダムが写っているが分かるかな
画像

風が強いので記念写真を撮って下山。数分下って、風が避けられる箇所で昼食休憩にする。休んでいるうちに二人の方が山頂に向かっていった。
昼食後、急降ではあるがあまり滑らないので心配なく下り、水場を越えて、今度は温まってきたので休憩しウインドブレーカーを外す。県境から山形県側に下るが、急な分だけ下りは早い。700mあたりで休みあとは登山口まで行けるだろう。用水路は、砂防堰堤のすぐ下側に渡れる箇所があった
画像
用水路を渡って、左岸を登山口に戻る
画像

予定よりも早い時間に戻ることができた。車で梅花皮荘に行き入浴500円。良い温泉なのだが、洗い場の湯がチョロチョロとしか出ず、髪洗いには苦労した。休憩室で次回の打ち合わせをして、道の駅飯豊で休憩し山形に戻る。
コースタイム 登山口8:06→休憩350m8:39~43→休憩600m9:21~29→県境10:13~21→休憩980m11:05~12→大境山11:34~45
→昼食休憩11:52~12:19→休憩820m12:47~51→休憩700m13:19~27→登山口14:25
GPSトラック 沿面距離8.2Km 所要時間6:19 累積標高差±1085m
画像


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック