岩手県西和賀町の東北百名山②和賀岳 東北百名山74座目 2019.07.16

和賀岳 一等三角点「和賀嶽」1439.36m 東北百名山74座目

昨日、女神岳に登り、車で和賀岳の高下登山口に移動して、車中泊した。4時ころに明るくなって目が覚め、朝食をとり出発する。林道終点には自分の車だけだP7160256.JPG和賀岳登山口で登山届を記入して出発P7160258.JPG最初は杉林の急登P7160259.JPGブナ林に変わるが急登は続くP7160260.JPG赤沢分岐にでるとなだらかになるP7160262.JPG高下分岐に着く。このまま登ると高下岳に行き、和賀岳へは左にトラバースするP7160267.JPGトラバースから下りに変わる所に環境省の案内があるP7160268.JPG下りになり途中には水場P7160269.JPG和賀川の渡渉点P7160271.JPG転石伝いに渡れないかと探したが、水量が多く無理だ。靴と靴下を脱いでザックに括り付け、サンダルに履き替えて流れを渡る。対岸を数m登った台地にベンチがあり、登山靴に履きなおすP7160272.JPGサンダルとタオルは近くの木に付けておくP7160273.JPGここから和賀岳までは2.5Kmとなっているが、ここの標高が720mで1440mの山頂まではまだまだ大変だP7160274.JPGブナ林の中、急登が続く。40分ほどで、倒木を利用したベンチがあり休憩P7160275.JPGさらに急登が続き、雨で登山道がえぐれて歩きにくいP7160276.JPGなだらかになると「こけ平」到着。単なる裸地で「こけ」は無いのだがP7160277.JPG「こけ平」は1337mだから山頂は近いP7160278.JPG残念なことにガスがかかり周囲は見えない。山の花を撮りながら歩く。
マルバシモツケP7160281.JPGネバリノギランP7160279.JPGハクサンシャジン P7160282.JPGハクサンフウロP7160284.JPGシャクナゲが矮性化して草と同じ高さだP7160285.JPGムカゴトラノオP7160286.JPGトウゲブキP7160287.JPGニッコウキスゲP7160288.JPGウスユキソウP7160289.JPGカラマツソウ P7160292.JPGウラジロヨウラクP7160293.JPGイワイチョウP7160295.JPG山の花々に見とれているうちに山頂到着P7160297.JPG一等三角点「和賀嶽」1439.36mP7160299.JPGガスで周囲の展望はなく、風が当たるので早々に下山にする。「こけ平」は通過P7160307.JPG 上るときに休んだベンチまで下りて休憩P7160308.JPG 渡渉点のすぐ上の台地で置いていたサンダルに履き替える
P7160309.JPG渡渉点は広い川原になっているP7160310.JPG渡渉を終えてから、ゆっくり休んで河原から標高差200m程の登り返しに備える。
一度下りてからの登りはつらい。途中でGPSの電池切れの音がしたのを口実に休憩。高下分岐までくれば後は下りだけだP7160313.JPG高下分岐で、登ってくる一人とすれ違う。草刈り鎌を持った地元の方で、登山道整備のために来たということだ。「今日の登山者は一人だけだ」「岩手県の山では、岩手山に並んできついコースだ」などの話をしてから、赤沢分岐を経て登山口に下るP7160316.JPG
コースタイム 駐車場5:10→登山口5:14~16→赤沢分岐5:49~52→高下分岐6:23→和賀川渡渉点7:10~28→950m付近のベンチ8:12~23→こけ平9:34~39→和賀岳10:12~16→こけ平10:52→950m付近のベンチ11:38~42→和賀川渡渉点12:04~30→880m付近電池交換13:08~15→高下分岐13:43~46→赤沢分岐14:05~08→登山口14:31→駐車場14:35
GPSトラック 沿面距離13.0Km 所要時間9:22 累積標高差±1525m和賀岳 地図.jpg
本日の計画は終了。渡渉点からの登り返しの所では、疲れたのでもう帰ろうかなどと弱気にもなったが、予定通りに明日は真昼岳に登ろう。
林道を県道1号に戻り、南に進んで湯本温泉に行く。湯本温泉というのは思っていたよりも寂れた温泉という感じだ。「スーパーオセン」というのがあるので、必要な買い物ができた。県道1号を少し北に戻って、前郷地区から左折し真昼岳登山口に向かう。途中に日帰り専用の「真昼温泉」があるので入浴するつもりだったが、なんと定休日だ。汗を流したかったのだがしょうがない。そのまま林道に進む。途中から舗装は無くなり、砂利道を横切る雨溝に注意しながらゆっくり走らせて、兎平登山口に着く(車を反転してから撮影)P7160319.JPG林道は峰越登山口に続き、そこからだと1時間30分で真昼岳に登れるらしいが、通行止めになっている。明日は、兎平登山口から2時間30分の登りになる。当然ながら誰もいない登山口で車中泊をする。

この記事へのコメント