楯山(村山市楯岡)の遊歩道を散策 2020.01.10 

1月1日の金華山でどうやら風邪をひいたようで、咳が酷くしばらくおとなしくしていた。ようやく咳もおさまり、散歩にでも行こうかと思った。どうせ行くのなら、1月にNHKのロケを予定している「楯山」の下見を兼ねて行こう。
楯山は「やまがた百名山」に入っていて、多くの遊歩道があるようだ。今までに2回登ったことがあるが、できるだけ、通ったことのない道を歩くことにしよう。
山形から国道13号を北上し、右折して楯岡に入り、東沢公園の駐車場に駐車する。東沢バラ公園の広い駐車場には、数台が停まっていた
P1100088.JPG出発して、一本杉から大沢貯水池の堰堤を西に進むP1100089.JPG堰堤の西側の分岐に案内図がある。これを見て、今日は南側の遊歩道を全部歩くことにするP1100091.JPG案内図から左側の遊歩道を上ると鳥居があるP1100093.JPG鳥居の手前に分岐P1100094.JPG分岐から八幡神社に向かうと、集落に出たP1100096.JPG八幡神社の方向に農道を進むP1100097.JPG農道は途中でなくなったが農地を通り抜け八幡神社に上るP1100098.JPG八幡神社の東側に道がある様だP1100099.JPGすぐに分岐があるP1100100.JPG左に進んだら腹切石がある。何かいわれがあるのかなP1100102.JPG腹切石からさらに進んだら下って、八幡神社に行くときの道に合流し、元の分岐に戻るP1100106.JPG楯山に来たのは2015.06.24以来だが、その時に下ったコースを上ることになった。鳥居の先には石祠P1100108.JPG少し上ると石切場跡P1100109.JPG石切場の上を通る。右下に石切場の断崖が見えるP1100110.JPG同じコースではつまらないので次の分岐を左に入るP1100111.JPGこのコースは「貉のむかさりコース」P1100112.JPG結局また八幡神社に戻ってしまったP1100115.JPG集落の中を通り天満神社コースに入るP1100116.JPG天満神社P1100117.JPGびっき石がある。「びっき」というのは「蛙」のことだが、なるほどP1100119.JPG分岐があり、左の「中楯山中腹コース」に入るP1100120.JPG七曲コースとの十字路を経て楯山山頂に到着P1100122.JPG展望台から楯岡市街P1100123.JPGこの辺は、城跡ということで解説があるP1100125.JPG三等三角点「楯山」209.58mP1100129.JPG西側に下ろうと思ったが道が分からない。七曲コースを南に下るP1100131.JPG七曲コースを下って集落に出るP1100132.JPGコースの案内図に「西楯山幹線コース」となっていたので、入口を探したらお寺の裏にあったP1100134.JPGこのコースはあまり使われていないようで笹が被さるP1100136.JPGこんな擬木の手すりがあるのだから昔は整備されていたのだろうP1100137.JPG城跡らしく、平地と急崖が続く。カモシカが姿を見せてくれたP1100139.JPGもう過ぎ山頂という所で滑りやすい急坂があり鎖が付いていたP1100140.JPG手水岩の写真を撮ろうとしたらカメラがない。前の鎖場まで戻り2往復してようやく発見P1100141.JPG山頂の展望台が見えてきたP1100143.JPGこれで楯山の南側の道は一通り通ったと思う。病み上がりのリハビリ散歩としては十分だろう。北口に下りたP1100144.JPG東沢溜池の南岸を進むと東屋があり、ここから上る道があるP1100147.JPG東沢溜池の堰堤P1100148.JPG立派な銅像がある。帰宅後に調べたら、明治時代に資材を投じて東沢溜池を作った喜早(きそう)伊右衛門の像でしたP1100149.JPG大沢貯水池の対岸にはバラ公園P1100150.JPG東沢バラ公園の駐車場に戻るP1100156.JPGコースタイム 駐車場8:34→八幡神社8:56→貉のむかさりコース→八幡神社9:41→中楯山中腹コース→楯山10:10~15→七曲コース→車道10:27→西楯山幹線コース入口10:33→西楯山幹線コース→楯山11:26→七曲コース北口11:35→駐車場11:59
GPSトラック 沿面距離7.2Km 所要時間3:26 累積標高差±476m(今回は青線)2020.01.10楯山 GPS.jpg  

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント