天狗岳(東北百名山87座目)白神山地の① 2020.08.03

昨日、山形から360Km移動して、天狗峠で車中泊した。携帯は圏外だがラジオが入り、天気予報では午後から雨になるようだ。
早い内に登りたいと思い、4:00起床。α米の朝食を済ませ、出発P8030020.JPG登山者カウンターがあるP8030021.JPG白神山地は「世界自然遺産」だから、登山者の把握もきちんとしているようだ。
少し進んだら、左側の山の端から朝日が差してきた。左に岩木山P8030023.JPG岩木山を拡大P8030024.JPG
登山道はエゾアジサイなどで隠されているP8030025.JPG樹木の間から見えてきたのが天狗岳だろうP8030026.JPG「ノズの赤たぐれ」という崩落個所が危険だと書いてあったが、その直前に注意書きP8030027.JPG「ノズの赤たぐれ」は左側が崩落しているP8030029.JPGロープが付いている(下山時に上側から撮影)P8030046.JPGブナの巨木P8030031.JPG木のコブが何か不気味P8030032.JPG登山道に積雪で傾いた樹木が被さり、避けたつもりで頭をゴツンP8030034.JPG急登になるP8030037.JPG倒木があるがきちんと処理されているP8030038.JPGヤブの被さる道を進み、山頂に着くP8030039.JPGさらに10mほど踏み跡をたどると二等三角点「天狗岳」957.92mP8030040.JPG山頂にてP8030043.JPG山頂から白神岳の方向P8030042.JPG下る途中で上りの時に撮り忘れた、三等三角点「上戸沢」849.17mP8030047.JPG天狗峠に戻るP8030049.JPG
天狗峠に戻ったとたんに雨が降り出した。午後から雨という予報は当たりのようだ。
登山道の名称は「天狗岳遺産管理歩道」ということで、道はしっかり付いているがヤブが被さり、足下が見えない所も多い。あまり登山者に歩いてほしくないのかな?
天狗峠765mから天狗岳958mまでだから、標高差も少なく楽勝と思っていたが、登ったり下ったりのコースで疲れた。
コースタイム 天狗峠4:44→三角点「上戸沢」5:25→「ノズの赤たくれ」注意標識5:42~46→759m峰6:46~57→天狗岳8:12~31→759m峰9:27~34→「ノズの赤たくれ」注意標識10:44~49→三角点「上戸沢」11:11~20→天狗峠11:52
GPSトラック 沿面距離11.1Km 所要時間7:08 累積標高差±980m天狗岳 地図.jpg
午前中に天狗岳を登り終えて、午後からどうしようか。まず白神ラインを東に向かう。天狗峠から下りになり、赤石川を渡る手前にトイレP8030050.JPG赤石大橋からは上りになって津軽峠に着くP8030054.JPG案内図から見るとここからの展望も良いらしいP8030053.JPG津軽峠から下ると、暗門の滝の入口の「アクアグリーンビレッジANMON」にでる。暗門の滝のトレッキングの方が何組もいる。行こうかと思ったが、体力と時間の両面で断念し、入浴だけ65歳以上350円。誰もいないP8030055.JPGこの付近は携帯が通じる。予定では今日は藤里駒ケ岳の登山口に車中泊だったが、車中泊の連続は疲れる。4日に予約していた大館のビジネスホテルに電話したら、今日に変更がOKとなり、大館に向かう。
カーナビでは弘前経由を示したが、藤里駒ケ岳に行くつもりで釣瓶落峠を通る予定だったので峠に向かう。舗装のないウネウネの山道でかえって時間がかかるようだ。釣瓶トンネルを越して秋田県に入り、下りになると、藤里駒ケ岳への分岐がある。さらに下り、休みたいと思ったら「峨龍の滝」があるP8030058.JPG
17:00過ぎに大館のビジネスホテルに到着。朝食付きで5250円

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント