白山島・梵字川渓谷  2020.11.05

ホテル八乙女で宿泊。昨夜は9時過ぎに寝たから、5時前に目が覚めた。
5:30過ぎにライトなしでも歩けるようになり、由良を散歩する。由良は、子供が小学校の時に民宿に泊まって以来だ。何軒か民宿に看板が目に付いたが、季節外れで営業していない。どこに泊まったのやら?
八乙女の像と白山島PB050084.JPG白山島に渡る。風が強く飛ばされそうだPB050085.JPG渡ってすぐに戻る。この朝の散歩は、沿面距離2.4Km 所要時間0:34だ。累積標高差はGPSデータでは、+147m -157mとなっているが?実際には±20m程度ではないか。
部屋に戻ったら、カミサンは温泉入浴に出ていた。自分も八乙女で3回目の入浴を済ませる。
7:30から朝食。朝食会場PB050100-1.jpg朝食PB050098-1.jpgイカは座ってから持ってきたPB050099.JPG 
朝食後、ゆっくり休んで9:50にチェックアウト。車を由良コミュニティーセンター付近の駐車場に移動。八乙女像PB050101.JPG白山橋を渡るPB050103.JPG 途中からホテル八乙女PB050104.JPG白山島の神社拝殿に向かうPB050105.JPG拝殿から本殿へは急な階段を300段近く上るPB050106.JPG本殿から白山橋を見るPB050107.JPG本殿からは細い踏み跡がさらに山頂へと続くが、滑りやすいようで本殿までで断念し戻る。この階段は令和2年10月に整備されたと書いてあったから整備されたばかりらしい。
車を出して、庄内物産館でGOTOチケットの残りを使い切って山形に向かう。
帰りは高速は使わないで移動。途中で「道の駅月山」に車を置いて、梵字川渓谷の紅葉鑑賞だ。「なびら雪つり橋」が見えてきたPB050121.JPG橋上の展望台から梵字川渓谷PB050122.JPG願い事を書いて、ハート形の岩に投げ、岩の上に乗ったら願い事が叶うというPB050127.JPG反対側の景観PB050124.JPG橋を渡ったところから戻るPB050125.JPG
道の駅に戻り、駐車場から地下道を通って「ふれあい橋」へPB050128.JPG橋の対岸には旧道を利用したワインセラーがあるが、橋の途中で通行止めだ
上流側の景観PB050130.JPG下に見える滝は「亀の滝」PB050129.JPG車に戻り、月山道を山形に向かう。「道の駅にしかわ」で昼食休憩。ここのソバは道の駅とは思えないほど本格的な蕎麦だ。食後はまっすぐ帰宅する。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント