大倉山~大沢山 縦走 2018.12.15

大倉山 二等三角点 点名「羽山」432.34m 2011.12.11以来2回目
大沢山 四等三角点 点名「大沢山」326.92m 2017.01.19以来2回目

大倉山山頂の羽山神社にて自分以外の14名
画像

大倉山は秋保温泉の西側の山で「宮城県の山」にも記載されている。大倉山から南東の大沢山は送電線巡視路が延びている。それぞれ1回登ったが、一人なので駐車場に戻るために、大倉山は周回、大沢山は往復での登山で通して歩いたことはない。今回は登山口と下山口に車を置き、縦走する計画にした。
山形発6:30で、山形蔵王ICから宮城川崎ICまで高速で、その後は国道286号を経て、釜房ダムの堰堤を通り秋保温泉に向かう。温泉の手前の「秋保工芸の里」入口に1台駐車し、3台に15名で秋保温泉を通過して大倉山の登山口に向かう。
大倉山登山口の駐車場には数㎝の雪がある。自分はスパイク長靴にしたが、三分の一が長靴で後は登山靴で出発
画像
駐車場のそばに「羽山権現参道入口」
画像
石の鳥居を過ぎ、杉林の中を登ると、雑木林に変わり急登になる
画像
ジグザグに急登
画像
山頂近くでようやくなだらかになり、テレビ中継施設に出る
画像
2つの中継施設を過ぎると羽山神社の社殿がある
画像
登山の安全を祈願
画像
この社殿は2011年には倒壊寸前だったが建て直された。2011年の写真
画像
羽山神社の先に山名標識と三角点があるが見通しはない
画像
山頂で休憩してから昔の記憶をもとに西に進んだが、雪で道が分からず、神社に戻ってから北側の管理道に出た。後から軌跡を見たらそのまま進んでも道に出られたらしい。幅の広い管理道を下るが、雪は10㎝程度ある
画像
「大倉山管理道分岐」があり、左の細野原に向かう。この標識は以前にはなかった
画像
送電線鉄塔に出る。蔵王幹線232号と秋芝線17号兼用
画像
鉄塔からは細い道になる。雪の下に落ち葉が積もった滑りやすい道だ
画像
送電線の下の広く伐採された巡視路を歩く
画像
井戸沢林道分岐
画像
林道を細野原に向かい、この写真の所から鋭角に南に曲がり送電線巡視路に入る。ここまでは2011年の行程だが、この先は2017年の行程になる
画像
すぐに小さな沢を渡ると二俣になるが、この標識の所で休憩。蔵王幹線230、仙台幹線20に向かう
画像
ジグザグに急登するが、足場の悪い所もある
画像
鉄塔「蔵王幹線230秋柴線19」にでる。左後方に先ほど登った大倉山
画像
登ったり下ったりで「鉄塔229 18」(右上に写っている)を通過し、足場の悪いトラバース
画像
蔵王幹線228秋柴線21にでる。どうやら鉄塔の号数は蔵王幹線は減り、秋柴線は増えるようだ
画像
大沢山到着。四等三角点はヤブに埋もれそうだ
画像
風もないので大沢山で昼食をとる。食後に記念撮影
画像
大沢山から東に下るにつれ雪もなくなり、県道に合流する
画像
車道を秋保工芸の村駐車場まで歩き、今日の行程を終える。駐車していた自分の車に運転手3人が乗り登山口まで車を取りに行く。駐車場の雪は消えていた
画像

コースタイム 大倉山登山口7:54→大倉山8:46~9:07→大倉山管理道分岐9:23→井戸沢林道分岐9:48→沢の二俣10:00~05→鉄塔(230と19兼)10:21~24→大沢山(昼食休憩)11:13~43→県道12:01→秋保工芸の村口12:14
GPSトラック 沿面距離7.4Km 所要時間4:20 累積標高差+676m -670m(青線が今回のもの、クリックで拡大)
画像

車で秋保工芸の村に移動し、全員合流してから秋保温泉の「ばんじ家」で入浴。500円というのは、秋保温泉最安値だ。ただ、他にも多くの方がいたので、洗い場が少なく特に女性用は混雑していたようだ。温泉入浴後に次回の打ち合わせをし手から、山形に戻る。途中で急に眠くなり、古関PAで休憩する。まっすぐジャバに向かった皆さんには、少々待ってもらい解散した。

"大倉山~大沢山 縦走 2018.12.15" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント